Yoi Tateiwa(ジャーナリスト)

-----------------------------------------------------------------------------------

【連載開始にあたって  編集部】
新聞、テレビなどマスメディアの凋落と衰退が伝えられる米国。経営不振で多くの新聞が廃刊となりジャーナリストが解雇の憂き目にさらされるなど、米メディアはドラスティックな構造変化の只中にある。 いったい、これから米国ジャーナリズムはどこに向かうのか。米国に一年滞在して取材した Yoi Tateiwa氏の報告を連載する。

-----------------------------------------------------------------------------------

第1節 ウィッキーリークスと調査報道(4)
大手メディア参加者へのインタビュー

セミナーの後、シーファーにインタビューした。ペンタゴンペーパー事件は是認されて、なぜWLは是認されないのだろうか?
「ペンタゴンペーパーは政府が隠していたベトナム事件の真実を暴くものだった。だが、WLの流した情報というのは、政府が機密にはしていたが、それは政府が何かを隠していたという類のものではない。

だからまず、ジャーナリズムとは言えない。それに情報の入手の仕方、そしてネットでばらまくというやり方がどうなのかとも思う。不幸中の幸いは、彼らがニューヨークタイムズのような責任有るジャーナリズムにその情報を託したという事だ。きょう聞いていて、ニューヨークタイムズが如何に適切な対応をしたのかがわかった」

シーファーの語った「responsible journalism=責任有るジャーナリズム」という言葉は、一連のWLの問題で多く聞かれたものだ。それは、情報を右から左に流すのではなく、内容を精査して、その報道による結果を忖度して報じるという事になるのだろうか。

シーファーのCBSにしろ、ニューヨークタイムズにしろ、ワシントンポストにしろ、それらは主要メディアと呼ばれる特別な地位を与えられた存在だ。
しかし結果的にはこの3社は全てWLの入手した資料を遅かれ早かれ報じている。