4月13日に東京・渋谷で開かれた、ミャンマーの最大野党・国民民主連盟(NLD)党首のアウンサンスーチー氏と在日ミャンマー人との対話集会では、スーチー氏の冒頭演説の後、質疑応答が行われました。その模様を再現、全文を連載します。今回はその2回目。
(取材・訳 赤津陽治)

在日ミャンマー人の質問に答えるスーチー氏(2013年4月13日 東京・渋谷)

在日ミャンマー人の質問に答えるスーチー氏(2013年4月13日 東京・渋谷)

 

【事前にメモのかたちで集められた質問は、「政治」「経済」「教育」「その他」に分類され、スーチー氏がメモを各分野から無作為に拾い上げ、読みあげて答える形式で進んだ】

質問
スーチーさんの健康のために責任を持って世話する者の人数と態勢について話してください。
(質問の文がわかりづらいものだったため、スーチー氏は「チャンマーイェ・アトエッ・アーマカン(健康のための保証)」を「チャンマーイェ・アーマカン(健康保険)」と解して、回答)

ASSK(アウンサンスーチー氏、以下、ASSK)
健康保険制度のことを言っているのかしら?
私たちの国で病院や医師を確保することは、本当に大変なことです。

病院の医師を確保できるように、皆さんにご助力いただきたいです。要するにお金がほしいのです。お金がほしいというのは...地方の病院に医師がいない原因のひとつは、医師用の住居がないからです。住居がないので自分で借りなければならず大変です。家賃がとても高く、見合った家にも住めません。

続きを見る...

<<前へ │ 次へ>>