4月13日に東京・渋谷で開かれた、ミャンマーの最大野党・国民民主連盟(NLD)党首のアウンサンスーチー氏と在日ミャンマー人との対話集会では、スーチー氏の冒頭演説の後、質疑応答が行われました。その模様を再現、全文を連載します。今回はその3回目。
(取材・訳 赤津陽治)

事前にメモのかたちで集められた在日ミャンマー人の質問を読み上げるスーチー氏(2013年4月13日 東京・渋谷)

事前にメモのかたちで集められた在日ミャンマー人の質問を読み上げるスーチー氏(2013年4月13日 東京・渋谷)

 

【事前にメモのかたちで集められた質問は、「政治」「経済」「教育」「その他」に分類され、スーチー氏がメモを各分野から無作為に拾い上げ、読みあげて答える形式で進んだ】

質問:
私はIT分野で修士号を取得し、ネットワーク・エンジニアとして、テレコミュニケーションの会社で働いています。来日して私が知ったのは、インターナショナルな会社で現在、ミャンマーからのエンジニアは能力的に大きな違いはなく、なかにはミャンマーからのエンジニアよりも優秀でない人もいるのに、給料は大きく異なることです。私の考えでは、ミャンマーのエンジニアには国際経験だけが不足しています。そうした足りない点を早急に改善するためには、どうすればいいと思いますか?

<スーチー氏が上記の質問を読み上げる際、実際は以下のようにコメントしました。上記は、それを質問形式にまとめたものです>

続きを見る...
<<前へ │ 次へ>>