4月13日に東京・渋谷で開かれた、ミャンマーの最大野党・国民民主連盟(NLD)党首のアウンサンスーチー氏と在日ミャンマー人との対話集会では、スーチー氏の冒頭演説の後、質疑応答が行われました。その模様を再現、全文を連載します。今回はその4回目。
(取材・訳 赤津陽治)

在日ミャンマー人の質問に答えるスーチー氏(2013年4月13日 東京・渋谷)

在日ミャンマー人の質問に答えるスーチー氏(2013年4月13日 東京・渋谷)

 

質問
ニャウンダビン会議(=国民会議)から始まった「2008年憲法」を廃止し、すべての民族が切望している「真の連邦制、自決権の国民のための憲法」を、2015年の総選挙後、完全に新しい憲法として起草することは可能でしょうか。国旗、正式な国名、首都など。

ASSK
私に質問をしてくださり、ありがとうございます。しかし、もう少しきれいな字で書いてください。申し上げるのが遅くなりましたが。
私は冒頭で憲法についてすでに話しました。そのときに、「すべての民族が受け入れられる憲法が必要である」と。それについて私は言いました。

起草する者たち、起草するグループに誰が含まれているのか。「含まれている人は、国民の大多数に受け入れられる人でなければならない」ということは、すべての民族が尊敬し信頼できる者たちが含まれていなければなりません。

そうして初めて、私たちは真の連邦制を建設することができるのです。2015年の選挙後に完全にできるかということですが、私の考えでは、2015年よりも前にやった方が良いと思います。

外国からの来賓にしばしば聞かれます。「2015年の選挙は自由で公正なものになると思うか」と尋ねられます。私は言っています。「2015年の選挙は、自由という面ではそれほど問題が起こるとは思わないが、この『2008年憲法』のままでは、公正だとは決して言うことはできない」と。国旗や正式な国名、首都も、国民の意向に沿って定めなければならないことです。
※スーチー氏の発言を訳すにあたって、原語が「バマー」のときは「ビルマ」、原語が「ミャンマー」のときは「ミャンマー」とする原則に従って、表記しています。

続きを見る...
<<前へ │ 次へ>>