4月13日に東京・渋谷で開かれた、ミャンマーの最大野党・国民民主連盟(NLD)党首のアウンサンスーチー氏と在日ミャンマー人との対話集会では、スーチー氏の冒頭演説の後、質疑応答が行われました。その模様を再現、全文を連載します。今回はその5回目。
(取材・訳 赤津陽治)

アウンサンスーチーさんの話に耳を傾ける在日ミャンマー人たち(2013年4月13日 東京・渋谷)

アウンサンスーチーさんの話に耳を傾ける在日ミャンマー人たち(2013年4月13日 東京・渋谷)

 

ASSK(アウンサンスーチー氏、以下、ASSK)
これは経済についてですね。

質問
軍事政権時代、ミャンマーに対して経済制裁が行われるように、国際社会への働きかけがありました。今ミャンマーで民主化改革への流れが生まれたことには、経済制裁が最も効を奏したとお考えでしょうか。

もうひとつは、ミャンマーの民主化改革を進めるにあたって、「国内和平」と「経済・投資」の二つのうち、どちらを優先すべきでしょうか。なぜ優先すべきか、その理由も教えていただきたく思います。

ASSK
制裁についてですが、何事にも事をなすにはその時機というものがあります。時間的制限というものがあります。常に同じやり方を続けていくわけにはいきません。私たちは、政治に関して誠実に堅実に取り組もうとするならば、それを認めなければなりません。ひとつのやり方を永遠に用い続けることはできません。

私としては、現在、米国やEUが経済制裁を解除しようとしていることについて、異議はありません。これもその時期が来ているのだと思っています。

一部の、たとえば武器関連の制限についてはそのまま続けるべきですが、その他の経済関連の制限を解除することについては、私は賛成です。

経済制裁が民主化運動に役に立ったのは間違いありません。しかし、その時期においてです。今は、私たちの国は経済制裁なしでも良くなっていける国であることを示すべき時です。

続きを見る...

<<前へ │ 次へ>>