4月13日に東京・渋谷で開かれた、ミャンマーの最大野党・国民民主連盟(NLD)党首のアウンサンスーチー氏と在日ミャンマー人との対話集会では、スーチー氏の冒頭演説の後、質疑応答が行われました。その模様を再現、全文を連載します。今回はその最終回。
(取材・訳 赤津陽治)

アウンサンスーチーさんの話に耳を傾ける在日ミャンマー人たち(2013年4月13日 東京・渋谷)

アウンサンスーチーさんの話に耳を傾ける在日ミャンマー人たち(2013年4月13日 東京・渋谷)

 

質問
国の法の支配において、警察は大きな役割を果たす組織です。旧来の考え方をなくすため、内部のものの考え方を変えるために、制服の色なども含めて変更する計画があるのか、お答え願います。

ASSK(アウンサンスーチー氏、以下、ASSK)
私は言いたいですね。制服を変えるよりも意識を変えることの方がずっと重要です。

私がレッパダウン山プロジェクトに関連する仕事をしていた時、警察官、警察の責任者たちと関わりがありました。私がひとつ何に気がついたかと言いますと、私たちの国の警察官が働かなければならない状況というのも容易なものではありません。多くの人が警察官は良くないとしか言いません。しかし、実際は、私たちの国全体が良くない状況に陥ってしまったのです。ですから、私は、別扱いにして、この人は良くない、あの人は良くないと言いたくありません。

人を見る時、過ちを過ちとして見るかわりに、改善すべきこととして見ていただきたいのです。私は、過ちを探すことに興味はありません。答えを探すことに興味があります。ある状況において問題があるならば、どのようにその問題を解決するか、答えを探そうとします。過ちを探すのではありません。

私たちの警察官に関しても、同様です。私たちの警察官に関して、私には過ちを探そうという気持ちは全くありません。答えを探したいとしか思いません。どうやって良くしていくか。どうやって私たちの警察の能力を向上させていくか。市民と警察との関係がより良くなるようにどうするか。<<前へ

続きを見る...