◇北京空港で起きた爆発事件 犯人実家の山東省に背景探る

近年、中国では、特別な組織的背景があるわけでない個人による過激犯罪が続発している。そこには社会から阻害され浮かび上がることが困難な民の、恨のエネルギーが見える。中国在住6年の気鋭のジャーナリストが現地を取材した。(アイアジア編集部)

●国際空港で起きた爆発事件

去年(2013年)7月20日午後6時過ぎ。北京首都国際空港の到着ロビーに、車椅子の男が現れた。左手には袋のようなものを持っていた。

異状に気づいた警察官が近寄ると、男は何かを叫びながら、両手を挙げ周囲の人を追い払うような仕草をした。警察官が男に向かってさらに歩みを進め る。すると、突然、男の左手から火花とともに爆音が起こった。辺り一面は煙幕で視界が遮られた。爆発は1回きり。男は、自ら起こした爆発の衝撃によって車 椅子ごとなぎ倒され、その場で取り押さえられた。

男は、命を取り留めたが、左の上腕部から先を失った。警察官1人がけがをした。爆発による旅行客らへの被害はなく、死者も出なかった。とはいえ、治安維持に面子をかける中国の空の玄関で起きた爆発事件。共産党を狙ったテロか?と国内外に緊張が走った。

北京の裁判所に出廷する冀中星被告 2013年9月17日

北京の裁判所に出廷する冀中星被告 2013年9月17日

 

●被告、冀中星

男の名は、冀中星(き・ちゅうせい、当時33歳、以下、冀)。山東省の農村出身。無差別に公衆を狙ったかのように見えた爆弾事件は、およそ2か月後の初公判が開かれる頃には奇妙な様相を見せ始めた。

9月17日の初公判当日。警察車両に先導されて、救急車のような医療用車両が北京市内の裁判所に到着した。冀は、その医療用車両からストレッチャーに乗せられたまま、警察官らの手を借りて入廷した。

午前9時という早い開廷時間だったにも関わらず、裁判所前には、冀に同情を示す市民たちが集まった。彼らは、混乱を防ごうとする警察官に囲まれなが らも「冀は無罪!」などと大声で叫び続けた。集まったメディアに対し、人々は、自分たちも警察の捜査や土地の開発業者によって不当な扱いを受けていると訴 えた。

●事件前に書かれたブログ

空港で手製爆弾を爆発させた冀が、事件前にブログを記していたことが明らかになった。それによれば、事の始まりは2005年に遡る。当時、冀は、南 部の広東省に出稼ぎに出ており、バイクタクシーで生計を立てていた。ある日、客を乗せて走っていたところ、パトカーに追いかけられた。冀は、停止せず走り 続けたが、待ち伏していた治安要員に殴り倒され、暴行を受け、その結果半身付随にされた、という。

治安要員とは、警察の捜査や警備など手伝う補助組織だ。冀は、地元政府に陳情に行き、この事件を捜査してくれるよう頼み込むが聞き入れてもらえな かった。また、地元政府に対し、損害賠償の裁判を起こすが、冀が殴られたとする証拠は不十分として、認めてもらえなかった、という。

ブログには、冀が色白でひ弱そうに見える肉体を晒し、痣か床ずれなのか、臀部や脚にできた大きな赤い爛れがよくわかる写真も掲載されていた。その内 容は中国の一部メディアでも報道された。裁判に集まった人たちは、冀が爆発事件を起こしたのは、自分の健康な体を奪った暴行事件の事実を明るみに出した かったからなのだ、と理解したのだ。

●冀の実家を訪ねる

しかし裁判では、彼の主張は判決には反映されなかった。そして一か月足らずの審理を経た一審判決は懲役6年。さらにその一か月余り後に言い渡された上訴審でも一審の判決が支持された。中国は二審制だ。冀の懲役6年の実刑判決は確定した。

私は、山東省の農村にある冀の実家を訪ねた。一審判決の出た8日後のことだった。実家には父、62歳の冀太栄(以下、太栄)がいた。太栄は、私の姿 を見ると、「6年の刑なんて・・・。下半身も感覚がなく、耳も聞こえなくなったのに」と、おいおいと泣き崩れた。太栄は、息子は家で動くこともできず、そ の無念を晴らしに行ったのだ、と涙ながらに訴えた。 「体は床ずれだらけ。殴られてそうなったのに。この7、8年、誰も無念を晴らしてくれなかった」。