「韓国の『安企部』が中国の通貨にコロナウイルスを塗って朝鮮国内に送っているので、それを担う『コガンクン』(ブローカーの意)は反逆者であり強力な処罰を望むという提議書が、住民から出されたというのだ。そしてそれを受けとめた金正恩が、直接に取り締まりを命令したそうだ」

※「安企部」とは、韓国の旧情報機関の国家安全企画部のことで、北朝鮮ではテロ、謀略工作を担う機関として、今でも悪名高い。1999年に国家情報院に改変されている。

協力者によれば、主な調査対象は韓国に逃亡した家族がいる家と、生活に余裕がある人だ。

「コロナで、今、誰もが暮らしがしんどいのに白米や肉を食べている者は怪しい収入があるからだ、というわけだ。住民に疑わしい人を申告させ、多くの人が呼び出されて金の出所について調べを受けている。

金正恩直接の案件なので、幹部で誰であれ、調査に容赦はない。韓国や中国にいる家族からの仕送りまで遮断されたら、どうやって生きていくのかと、悲嘆に暮れている人が多い」と協力者は言う。

6月に入り、当局は外貨の使用統制を強め、ウォンの実勢価値が5月末に比べて対中国元で33%、対米ドルで15%以上の上昇だ。今回の措置は、外貨統制の一環だと考えられる。

※アジアプレスでは中国の携帯電話を北朝鮮に搬入し連絡を取り合っている。