ジャルジャラ文化部隊のメンバーだったウシャが夜の集会で踊る。(写真提供:オンサリ・ガルティ・マガール)

ジャルジャラ文化部隊のメンバーだったウシャが夜の集会で踊る。(写真提供:オンサリ・ガルティ・マガール)

 

アナンタらクラブの活動家は、1990年の民主化前に、リバンにいる非合法の政党活動家から反パンチャーヤト、反王制のパンフレットなどを受け取り、マディチョールに持ち込む活動もしていた。こうした政治活動のために、クラブの会長を務める教師が警察に捕まり拘留されこともあった。

しかし、ジャルジャラ青年クラブがマディチョールの村人に与えた影響は絶大だった。
クラブの活動家の大半が1990年4月に民主化が実現し、政党活動が合法化されたあと、共産党の党員や支持者になった。クラブを率いたアナンタらは民主化後、政党の傘下にある学生組織の活動家となり、そして、後にマオイストとなった。

マディチョールでは、このクラブがマオイストを生み出したと言ってもいい。ウシャもその一人だったのである。
(つづく)

【連載】 ネパール マオイスト・女性ゲリラたちの肖像

<<<連載・第6回   記事一覧   連載・第8回>>>