4月13日に東京・渋谷で開かれた、ミャンマーの最大野党・国民民主連盟(NLD)党首のアウンサンスーチー氏と在日ミャンマー人との対話集会では、スーチー氏の冒頭演説の後、質疑応答が行われました。その模様を再現、全文を連載します。今回はその6回目。
(取材・訳 赤津陽治)

在日ミャンマー人の質問に答えるスーチー氏(2013年4月13日 東京・渋谷)

在日ミャンマー人の質問に答えるスーチー氏(2013年4月13日 東京・渋谷)


ASSK(アウンサンスーチー氏、以下、ASSK)

これは、教育についてです。

質問
私は、日本で見るマナーの良さや技術を上手に生かしていることだけでなく、その他の真似るべき事柄を学ぼうとしています。おもに技術の活用の仕方を見て、ミャンマーを発展させたいという気持ちになっています。たとえば、ゴミ廃棄システムや国家防衛システムなどは、技術をおもに活用しており、時間的にも人的にも負担を軽減するシステムとなっています。

今、私は、日本でソフト・エンジニアとして、1年働く予定です。ミャンマーにおいて技術を活用して早く発展させるため、人間ベースから技術ベースとなるよう、ミャンマーのためにアドバイスをいただきたく思います。

ASSK
このなかでですね。マナーの良さと技術への精通という話のなかで、ゴミ処理システムについてですが、ゴミ処理システムは、まずは人から始まるものです。それについて、私もぜひ話したく思います。

私は、ミャンマーのどこを訪れても、あちこちにゴミが捨てられているのを目にすると、いたたまれなくなります。どうしてこんなふうに捨てるのかと、私はとても不愉快に思います。これを育成することは、教育制度に大きく関わりがあります。

続きを見る...

<<前へ │ 次へ>>