(※2003年初出のアーカイブ記事。情報等は当時のまま)

◆「夫殺し」ザルミーナ事件

ザルミーナの一家が暮らしていた家。すでに廃屋となっていた。隣人たちのあいだにもザルミーナの悪い評判は知れわたっていた。(2002年4月撮影:玉本英子)

ザルミーナという女性はどういう人物だったのだろうか。
カブール西部のダルラマン地区は、内戦で最も激しく破壊された地区のひとつだ。

砲撃で建物の壁は崩れ落ち、ブロックの瓦礫が広がる。そこからほど近いところに、ザルミーナが暮らしていた家はあった。
高い土塀に囲まれた一軒家で事件が起きたのは、1997年7月のある暑い日の深夜のことだった。

寝室でぐっすりと寝込んでいた夫、アロザイ(38)の頭に、5キロのハンマーが振りおとされた。
流れ出る血で布団は赤く染まった。
「妻にやられた」とアロザイは言い残し、病院で息絶えた。
次のページ:意外な事実が分かる...