午前10時前から、メサイヤ市評議会前で表敬訪問予定の陸自の番匠幸一郎1佐を待つ。なかなか現れない。クビを長くして到着を待っていた報道陣は約30 人。

広報官は「交通事故があり、その渋滞に巻き込まれたため、今日の会見はキャンセル」と発表。「ただし事故はわれわれが起こしたものではありません、念のため」と広報官が冗談っぽく言ったところで、報道陣からも媚びたような小さな笑いが漏れる。

馴れ合っているようでこんな雰囲気はちょっとなじめない。防衛庁の記者会がそのまま引っ越してきたみたい。

警護にあたる自衛官。向こうにいるのはサマワ地域の治安を担当するオランダ兵

サマワへ戻る途中、米軍がイラク人を殺害した現場に遭遇。封鎖された道路に長い車の行列。「交通事故」とはこのことらしい。米軍装甲車が停止命令を無視したトラックに発砲。ひとりは即死、もうひとりは重体。虫けらのように奪われる命。これが占領体制下のイラクの現実だ(注1)。

取材したビデオをテレ朝へ。テレ朝は近くの民家を借り、日本人だけで7人の取材体制。アジアプレスもアフガン、イラク報道で世話になった角南さん(前ニュースセンター編集長)が安全管理責任者として指揮をとる。この日の夜、テレ朝系のニュースで綿井の撮った事件の映像が少し流れたかもしれない。

サマワ総合病院では重体の青年が運び込まれ、手術中。許可され、手術室の中で撮影。医者が被弾して破損した被害書の腸を見せてくれた。助かるかどうかは半々。加害者の米軍関係者はひとりも姿を見せず。
次のページへ ...