3月18日(金曜日)
「2月1日政変」から、ずっと会って話しを聞いてみたいと思っていた人がいた。人気コラムニストで作家でもあるカゲンドラ・サングラウラ氏である。日刊紙「カンティプル」にサングラウラ氏が“クンサン・カカ(クンサン伯父さん)”の名前を使って書くコラム「ベラ・コ・ボリ(時の話し)」は、最も好きなコラムだ。

一般のネパール人が心に思うことを、回り道をしながら、しかし、非常に的確に表現する語り口は誰にも真似のできることではない。彼の筆にかかっては、マオイストも政党リーダーも、そして国王さえも反論ができない。それほど、彼は真実を語るのがうまい。

最も鋭い「国王批判者」でもあったサングラウラ氏が、政変後どのような暮らしをしているか興味があった。氏が「カンティプル」にコラムを執筆するペースは、政変後に報道規制が布かれてから明らかにスローダウンしている。氏は表現・報道の自由が奪われた今の状況をどう思っているのか。そして、ネパールの将来をどう捉えているのか。小雨が降る18日の早朝、サングラウラ氏の自宅で話しを聞いた。

実は、政変直後に「サングラウラ氏が逮捕された」という噂が広まった。これはあとで事実でないことがわかったのだが、まず、政変から今までに氏自身の身辺で起こった事を聞いた。
「2月1日の国王の宣言をテレビで聞いたあと、この宣言をテーマにしたコラムを書いて、午後4時に『カンティプル』の編集部にE竏茶=[ルで原稿を送ろうとしたところ、つながらなかったため、初めて電話が切られていることを知った。

この日は、宣言が始まる30分前に、すぐ近くに住む共産系リーダーのC.P.マイナリさんの家に治安部隊が来て、彼を自宅監禁下に置いた。その後も、マシンガンを持った兵士が彼の家を包囲して滞在していたのだけれど、私は5日まで家にいた。ところが、2月6日に友人から“王制に批判的なことを書いてきたのだから、家にいないほうがいい”と忠告されて、この日にヨーロッパのある国の外交官の家に移り、その後、1週間保護してもらった」
次のページへ ...