ビルマ潜入紀行 ~東南アジア最後の軍事独裁国家からの報告~
4つの新年祭(中)

※お断り ミャンマー(ビルマ)入国取材の安全を期して、宇田有三氏は「大場玲次」のペーネ  ームを使用していましたが、民主化の進展に伴い危険がなくなりましたので、APN内の記事の署  名を「宇田有三」に統一します。

DSC_1540apn
【カレン軍兵士に見守られながら、納棺直前のボーミャ元議長。25年間カレン軍の武装抵抗を率いてきた最後の姿】

そのボーミャ元議長も2006年12月24日の早朝、武装抵抗の結果を見ることなく、息を引き取った。

翌日、ボーミャ元議長の逝去に関して多くの報道がなされた。
葬儀が行われるその日、ビルマ軍事政権に対して抵抗を続ける多くの団体が参加した。
ボートで偶然出会った男性は、カレン民族同盟と共に軍政府に抵抗するアラカン人のグループであった。
DSC_1556apn
【納棺直前のボーミャ元議長。胸には(武装抵抗開始から)「50周年記念(1999年)」のメダルが光る】
カレン民族の旗に身を包まれたボーミャ元議長は、安らかな顔で横たわっていた。
次のページへ ...