アジアプレスによるウェブ放送では、さまざまなゲストをお招きして、ライブトークを展開しています。
今回は、2012年9月にシリア・アレッポで反政府勢力・自由シリア軍と、アサド政権のシリア政府軍の戦闘の最前線、市民の状況を取材したジャーナリストの西谷文和さんを招き、彼が見た最前線の現場を写真とともに伝えます。そのほか、なぜ危険な紛争地域に向かうのか、西谷さんの戦争へのまなざしについても語っていただきます。

◆録画放送(2012年10月25日 放送番組)


報告:西谷文和(にしたに・ふみかず)
吹田市役所勤務を経て、現在フリージャーナリスト。イラクの子どもを救う会代表。イラク、アフガニスタンなど紛争地域の取材を続ける。シリアは今年9月に入った。2006年度「平和協同ジャーナリスト大賞」を受賞。 テレビ朝日「報道ステーション」や朝日放送「ムーブ! 」TBSテレビ「イブニングニュース」、各地の講演会などで戦争の悲惨さを伝えている。
聞き手:玉本英子(たまもと・えいこ)
アジアプレス所属のビデオジャーナリスト。イラク、アフガニスタン、トルコなど中東地域を中心に取材。イラク軍同行取材や武装勢力インタビューをテレビニュースなどで発表した。04年ドキュメンタリー映画「公開処刑されたアフガニスタン女性」を制作、監督。
◆アジアプレス・YouTube チャンネル http://www.youtube.com/user/ASIAPRESSmovie

自由シリア軍の兵士たち(2012年9月 撮影:西谷文和)

 

◆今後のUstream放送予定はツイッターとFacebookで
◆Facebook アジアプレス