イラン中部の古都イスファハンで、この秋4件ものアシッドアタック(酸攻撃)の連続通り魔事件が発生したことを受け、イラン警察のアフマディーモガッダム 司令官は19日、国内で年間600件から700件ものアシッドアタック(酸攻撃)が起きていることを明らかにした。これらに対する抑止力として、キサース 刑(同害報復刑)の明文化を求める声が上がっている。(大村一朗)

イスファハンでの被害者の一人を見舞うエブテカール環境保護庁長官(ISNA通信ウェブサイトより)

イスファハンでの被害者の一人を見舞うエブテカール環境保護庁長官(ISNA通信ウェブサイトより)

 

◆アシッドアタックの多くは恋愛のもつれや求婚拒否への復讐から

なぜイランではアシッドアタック(酸攻撃)がこれほど多いのだろうか。友人のイラン人M氏に訊いた。

「酸は、銃より簡単に手に入るし、ナイフを使うより抵抗なく人を傷つけられる。イランにはキサース刑(同害報復刑)があるから、銃で殺してしまったら自分も死刑になる。酸なら、相手が死ぬことはないだろうから、捕まったときの心配も少ない」

女性の顔を標的にしたアシッドアタックの多くは、イランでの事例に限らず、恋愛のもつれや、求婚を断られたことへの復讐、腹いせとして行われること が多い。殺すことなく、相手の「美」を奪い、一生を台無しにするという卑劣な目的からは、酸の利用は理にかなっている。被害者が男性であること、つまり男 性同士の怨恨の果てに、襲撃の道具として用いられることもあり、この場合も、敵を死に至らしめることなく最大の効果を得る武器として、有用であることは認 めよう。

だが、アフマディーモガッダム司令官の説明では、年間600から700件の発生件数の多くは、乗用車など物品の損傷を目的としたものであるという。そうなると、やはりわざわざ酸を用いる必要などないのではないかと思ってしまう。

「イランでは酸は簡単に手に入るんですよ。買うときに名前はもちろん、使用目的を訊かれることもありません。私が高校生のときも、同級生が気に入らない先生の車に酸をかけていたずらしてましたよ。完全に色が剥げてしまい、ペンキのように洗い流せませんから」

イランでは、バザールの工業用薬品店や実験用具を扱う店などで、酸の類を購入することができる。最も危険な純度96パーセントの硫酸でさえ、1ガロ ン(4リットル)10000トマン(約1500円)ほどで買うことが出来る。本来の客層は、化学研究施設や金細工、金採掘の業者などだが、一般人でも普通 に購入できるという。アシッドアタックが著しく増加している現状においても、政府は酸の販売と購入に何らの規制も加えようとはしていない。