武装組織イスラム国(IS)は、シリア人活動家2名をトルコで殺害したとする映像を先月30日、公開した。殺害されたのは、ISが「首都」とするラッカで 地下活動を続ける「静かに虐殺されるラッカ」のメンバー1人と別グループの活動家。先月末、トルコ南東部のシリア国境近くのシャンルウルファで殺害された とみられる。

武装組織イスラム国(IS)が先月30日付けの声明で公開した映像。シリアで反IS活動を続ける「静かに虐殺されるラッカ」のメンバーら2人を「背教者として処刑した」としている。(IS映像)

武装組織イスラム国(IS)が先月30日付けの声明で公開した映像。シリアで反IS活動を続ける「静かに虐殺されるラッカ」のメンバーら2人を「背教者として処刑した」としている。(IS映像)

 

殺害されたのは、イブラヒム・アブドゥルカディル氏とファレス・ハマディ氏と思われる。ISは支配地域内の反対勢力の摘発や襲撃に力を入れており、シリア政府軍やクルド組織の協力者らを拘束しては、「スパイ狩り」として斬首や銃殺して処刑している。

「静かに虐殺されるラッカ」はおもにラッカで隠しカメラを使って密かに公開処刑や市民生活の実状を撮影、また、反ISスローガンのビラを貼ったり、 壁にスプレー描きする映像をネットで公開してきた。厳しい生活を送る市民に物資を届けるなどの活動も行っている。9月には国際報道支援団体から「報道の自 由賞」が送られている。

ISの殺害映像には、首を切り裂かれて殺害されたとみられるメンバーの死体が映っており、「『静かに虐殺されるラッカ』の背教者どもをトルコ・ウル ファで殺害した。いかなる背教者も"静かに殺される"ことになるのだ」とある。支配地域内での摘発に加え、シリア国外でも反対勢力を追い詰める組織力があ ることを内外に誇示する狙いがあると思われる。アジアプレスでは今年2月、ラッカの同組織の中心メンバーと秘密ネット回線でインタビューし、市民の実状を 伝えたが、今回殺害された2人は別メンバー。「静かに虐殺されるラッカ」はメンバーが殺害されたことをサイト上で認め、追悼コメントを載せた。(アジアプ レス編集部)

「静かに虐殺されるラッカ」は、IS支配地域内の市民生活を撮影しネットで伝えるほか、反ISのビラを支配地域内で貼るなどの活動も行ってきた。これまでISはシリア政府軍や自由シリア軍、クルド組織など反対勢力の協力者を拘束し、あいついで処刑している。ISは殺害映像のなかで、「静かに虐殺されるラッカ」のビラ貼り活動を映し出し、メンバー殺害を「正当化」している。(IS映像)

「静かに虐殺されるラッカ」は、IS支配地域内の市民生活を撮影しネットで伝えるほか、反ISのビラを支配地域内で貼るなどの活動も行ってきた。これまでISはシリア政府軍や自由シリア軍、クルド組織など反対勢力の協力者を拘束し、あいついで処刑している。ISは殺害映像のなかで、「静かに虐殺されるラッカ」のビラ貼り活動を映し出し、メンバー殺害を「正当化」している。(IS映像)

 

【関連記事】

イスラム国の「首都」ラッカの内部は今 地下活動家に聞く(1)
〔シリア〕 ロシア軍空爆下のアレッポ・市民記者に聞く(1)「空爆で住民も犠牲に」
〔シリア〕アサド政権の攻撃続く、ダマスカス近郊は今【連載】
〔イラク現地報告〕イスラム国(IS)支配下のモスル住民に聞く(1)「戦闘員は宗教とはかけ離れた人たち」