イラク・モスルを掌握したイスラム国(IS)は、独自解釈のイスラム法(シャリーア)に基づく統治体制を固めていく。宗教警察による道徳や風紀の取締りは、社会生活の隅々にまで及んだ。「私はイスラム教徒ですが、彼らの統治は時間が経つほど、宗教とかけ離れたものになっていった」と話す、モスル大学教員、サアド・アル・ハヤート氏(47)。インタビューの3回目。(聞き手:玉本英子・アジアプレス)

ISは独自解釈したイスラム法を布告し、社会を統治していった。喫煙などの軽微な罰は鞭打ち刑となり、強盗は死刑、窃盗罪は手の切断と細かい規定によって処罰された。(モスル・2016年・IS映像)

 

◆社会風紀や道徳から服装まで指示
ISは女児を除くすべての女性に対し、黒いヒジャーブの着用を義務付けました。のちに男性には、あごヒゲを生やすことも求めらるようになります。次第に様々な規則がいくつも作られ、ズボンの裾の高さも地面から15センチ以上の短いズボンをはくよう強制されました。彼らが言うには、「イスラム法ではそう決まっているから」ということでした。町のあちこちで宗教警察(ヒスバ)が巡回し、監視していましたので従うしかありませんでした。

当初はヒゲについては厳しい規定はなかったが、のちに男性はあごヒゲを生やすよう布告が出された。時間の経過とともに、様々な規則が増えていった。(IS出版機関ポスターより)

イラク軍とISの戦闘が続くモスル。前線では砲撃や銃撃の音が響き、黒煙があがっていた。

(2017年2月末モスル市内で撮影:玉本英子)

 

<<< 第2回  │  第4回 >>>

(9終) IS去ったモスルのこれから(写真9枚)
(8) 当初、ISを受け入れたモスル住民も~「気づいたときは遅かった」(写真12枚)
(7) IS支配下での礼拝とモスク(写真8枚)
(6)「モスル解放」のなかであいつぐ報復(写真11枚)
(5) 衛星テレビ視聴禁止布告~住民統制強まる(写真14枚)
(4) 学校での洗脳恐れ、通学やめさせた家庭も(写真9枚)
(3) 宗教警察が社会統制(写真10枚)
(2)シーア派やキリスト教徒住民への迫害(写真7枚)
(1)たった数日間の戦闘で町のすべてを支配(写真7枚)

【関連記事】
<イラク・モスル報告>子どもたちが見た公開処刑 IS去っても生活厳しく(写真6枚)
<イラク最新報告>戦闘の狭間で苦しむモスル市民~兄はISに殺害、父は空爆で死亡(写真2枚)
〔イラク現地報告〕イスラム国(IS)支配下のモスル住民に聞く(1)「戦闘員は宗教とはかけ離れた人たち」