2000年、パレスチナでは第二次抵抗運動が起こり、抵抗が激しかったジェニン難民キャンプ。2002年4月にはイスラエル軍によって徹底的に破壊され、住民60人以上が死亡、500軒にも及ぶ家屋が破壊された。私は2007年の春から夏にかけて、ヨルダン川西岸ジェニン難民キャンプにある自由劇場にいる若者たちに密着し、演劇を通して抵抗を伝える若者たちを取材した。

芝居のワンシーン(2007年 ヨルダン川西岸ジェニン難民キャンプ)

芝居のワンシーン(2007年 ヨルダン川西岸ジェニン難民キャンプ)

 

投石ではなく演劇で~自由劇場の若者たち
2007年、ヨルダン川西岸ジェニン難民キャンプの自由劇場で、演劇を勉強するカマール(18歳)とカイス(16歳)に出会った。2002年4月、ジェニン難民キャンプはイスラエル軍によって徹底的に破壊され、住民60人以上が死亡し500軒にも及ぶ家屋が破壊された。その頃、カマールもカイスも、ほかの難民キャンプの子どもたちのようにイスラエルのジープが来ると、石を投げる普通の少年だった。

2006年、そんな少年たちを集めて、演劇の指導を始めたのが、イスラエル人とパレスチナ人の両親を持つ、ジュリア―ノだった。ジュリアーノは侵攻後のジェニン難民キャンプを訪れ、惨状をまのあたりにした。そして地元の人たちやNGOの協力を得て、文化による抵抗、カルチャー・インティファーダを掲げ、「自由劇場」を立ち上げたのだ。

参加の呼びかけに、カマールとカイスも応じた。それまで仲間たちと通りで石を投げて過ごしていた毎日がその時から変わった。演劇の稽古をするようになり、劇場からは少年たちの声が響き渡った。

続きを見る...