iraq_yazidi_bannerX600_03ヤズディにとっての聖地はイラク北部のシェハンにあるラリシュだ。毎年、巡礼月のある秋には、たくさんのヤズディ教徒が各地からやっ てくる。キリスト教やイスラム教との共通点、そして独自の側面も持つ少数宗教ヤズデイ核心の地である。谷間に開かれた小さな地、ラリシュで受け継がれてき た信仰。武装組織「イスラム国」の支配地域からこの聖地は外れているが、制圧されたシンジャルからの避難民が聖地のあるシェハンにも押し寄せている。いまイラクで危機にあるヤズディ教徒たちの姿に迫る。【報告:玉本英子】

第3回◆聖地ラリシュ

ヤズディ教最大の聖地、ラリシュ。イラク北部ニナワ県のシェハンの谷間に位置する。ラリシュにいくつも並ぶ聖塔クッブには、ヤズディ教の聖者らが祀られている。なかでももっとも重要なのがヤズディ教徒が信仰する孔雀天使タウス・マレクにつながる聖者アディ・イブン・ムサフィールのクッブ。(シェハン・2005年)

ヤズディ教最大の聖地、ラリシュ。イラク北部ニナワ県のシェハンの谷間に位置する。ラリシュにいくつも並ぶ聖塔クッブには、ヤズディ教の聖者らが祀られている。なかでももっとも重要なのがヤズディ教徒が信仰する孔雀天使タウス・マレクにつながる聖者アディ・イブン・ムサフィールのクッブ。(シェハン・2005年)

聖塔クッブの内部。聖者たちの棺が安置されている。(シェハン・2005年)

聖塔クッブの内部。聖者たちの棺が安置されている。(シェハン・2005年)

次のページへ ...