毎年4月、ヤズディ教徒が集まり、オリーブからオリーブ油が作られる。油は聖火を灯す宗教儀礼などに使う。写真は油を入れた壷。(2005年)

毎年4月、ヤズディ教徒が集まり、オリーブからオリーブ油が作られる。油は聖火を灯す宗教儀礼などに使う。写真は油を入れた壷。(2005年)

ヤズディ教では子どもが生まれると、ラリシュに巡礼し、聖水儀式がおこなわれる。聖窟に湧く泉に赤ん坊を浸す。または聖水を持ち帰り、子どもにかける。洗礼はキリスト教ともつながっているとする説もある。ここの泉は「ザムザム」と呼ばれる。イスラムの聖地メッカにある「ザムザムの泉」とは異なるものの、イスラム教との共通点も見られる。(シェハン・2005年)

ヤズディ教では子どもが生まれると、ラリシュに巡礼し、聖水儀式がおこなわれる。聖窟に湧く泉に赤ん坊を浸す。または聖水を持ち帰り、子どもにかける。洗礼はキリスト教ともつながっているとする説もある。(シェハン・2005年)

ヤズディ教徒は一生のうちで6日間、聖地ラリシュを巡礼しなければならないとされ、各地からヤズディ教徒が訪れる。(シェハン・2005年)

ヤズディ教徒は一生のうちで6日間、聖地ラリシュを巡礼しなければならないとされ、各地からヤズディ教徒が訪れる。(シェハン・2005年)

次のページへ ...