iraq_yazidi_bannerX600_07ことし8月上旬、イラクのヤズディ教徒(ヤジディ教徒)の2大コミュニティーのひとつ、シンジャル(クルド名シェンガル)の町が、武 装組織「イスラム国」によって制圧された。殺戮と混乱のなか、住民の一部は山に逃れる。「イスラム国」はヤズディ住民を包囲し、銃を突きつけて改宗を迫っ た。一部には改宗を受け入れた住民もいたが、拒否した男性が集団で殺害されたり、たくさんの若い女性が連行されて行方不明となった。山で孤立し、食糧を断 たれた数万の脱出民のためにイラク軍と米軍は上空からの食糧投下をおこなう。そして人道措置として米軍が「イスラム国」拠点に対する空爆作戦を開始した。 だが、シンジャルのヤズディ住民の町もコミュニティーも「イスラム国」によって消滅させられてしまった。 【報告:玉本英子】(メディアでは「ヤジディ」と表記されていますが、本稿では本来の発音に近いヤズディとします)


第7回◆「イスラム国」による殺戮~町が消える

ことし6月、イスラム武装組織「イスラム国」がイラク第二の都市モスルを掌握。ニナワ県の主要地域に勢力を広げた。8月上旬にはヤズディ教徒の町シンジャルも制圧した。「イスラム国」は、イスラムに改宗すれば手厚く保護するとしたが、それを信じるヤズディ教徒はいない。写真はシリア・イラクにまたがって勢力を広げている「イスラム国」の戦闘員。(「イスラム国」映像から)

ことし6月、イスラム武装組織「イスラム国」がイラク第二の都市モスルを掌握。ニナワ県の主要地域に勢力を広げた。8月上旬にはヤズディ教徒の町シンジャルも制圧した。「イスラム国」は、イスラムに改宗すれば手厚く保護するとしたが、それを信じるヤズディ教徒はいない。写真はシリア・イラクにまたがって勢力を広げている「イスラム国」の戦闘員。(「イスラム国」映像から)

クルディスタン地域政府から派遣され治安警備を担っていたクルド兵ペシュメルガはシンジャルの町を撤退。ペシュメルガは訓練された精強な組織だが、今回、「イスラム国」を前に、結果的にヤズディ教徒を置き去りにして撤退したことで、住民のあいだに絶望と不信が広がった。写真はフセイン政権崩壊直後、米軍と連携して訓練をおこなっていた当時のペシュメルガ兵。(2003年)

クルディスタン地域政府から派遣され治安警備を担っていたクルド兵ペシュメルガはシンジャルの町を撤退。ペシュメルガは訓練された精強な組織だが、今回、「イスラム国」を前に、結果的にヤズディ教徒を置き去りにして撤退したことで、住民のあいだに絶望と不信が広がった。写真はフセイン政権崩壊直後、米軍と連携して訓練をおこなっていた当時のペシュメルガ兵。(2003年)

「イスラム国」の戦闘員に幹線道を封鎖され、住民たちはシンジャル山に逃げ込んだ。だが包囲され、改宗するか、死かを迫られた。山で孤立し、飢えと猛暑のなかで命を落とすものがあいついだ。イラク政府軍と米軍は、数万の住民のために上空からの食料投下を実施をするが、その後、「イスラム国」に対する限定空爆開始へといたる。写真は2012年に取材したシンジャル山。ほとんど木はなく、隠れる場所も暑さをしのぐ場所もない。 (2012年7月)

「イスラム国」の戦闘員に幹線道を封鎖され、住民たちはシンジャル山に逃げ込んだ。だが包囲され、改宗するか、死かを迫られた。山で孤立し、飢えと猛暑のなかで命を落とすものがあいついだ。イラク政府軍と米軍は、数万の住民のために上空からの食料投下を実施をするが、その後、「イスラム国」に対する限定空爆開始へといたる。写真は2012年に取材したシンジャル山。ほとんど木はなく、隠れる場所も暑さをしのぐ場所もない。 (2012年7月)

次のページへ ...