◆シンジャル一帯では今もISとの戦闘続く
武装組織イスラム国(IS)が、イラク北西部でのヤズディ教徒の町、シンジャルを制圧したのは2014年8月。ISが近郊の町や村を一斉に襲撃し、町に攻め込んだとき、地域を防衛するために展開していたクルド自治政府のペシュメルガ部隊は戦うことなく撤退。住民は無防備のまま置き去りにされた形となり、虐殺と女性拉致の悲劇につながった。

逃げ場を失って山で孤立した住民の一部を救出したのは、シリア国境を突破して攻め込んだクルディスタン労働者党(PKK)とシリアのクルド・人民防衛隊(YPG)の合同部隊だった。その後、合同部隊は激戦の末、シンジャルの一部をIS奪還。一方、米軍主導の有志連合の空爆支援を受けたペシュメルガ部隊もISを追撃、2015年11月、シンジャル市中心部を奪い返した。近郊地域には今もISが布陣し、クルド部隊とISの激戦は続いている。連続写真報告の第5回。(玉本英子)

【IS】シンジャルを制圧したISは、奪還を目指すクルド側勢力と攻防を続けている。写真はイラク軍から奪った戦車でクルド・ペシュメルガ陣地に砲撃を加えるIS部隊。(2015年3月・シンジャル近郊・IS写真)

【IS】シンジャルを制圧したISは、奪還を目指すクルド側勢力と攻防を続けている。写真はイラク軍から奪った戦車でクルド・ペシュメルガ陣地に砲撃を加えるIS部隊。(2015年3月・シンジャル近郊・IS写真)

【IS】小型ドローンを使ってISはペシュメルガ陣地に砲撃や自爆攻撃を加えている。写真右はペシュメルガ陣地に突入しや自爆したISのトラック。かなりの爆薬を積み込んで爆発したと見られる。(シンジャル近郊・IS映像)

【IS】小型ドローンを使ってISはペシュメルガ陣地に砲撃や自爆攻撃を加えている。写真右はペシュメルガ陣地に突入し、自爆したISのトラック。かなりの爆薬を積み込んで爆発したと見られる。(シンジャル近郊・IS映像)

【IS】シンジャル近郊で、クルド・ペシュメルガ部隊と対峙する戦車部隊のIS戦闘員。大量の重火器、兵器をシンジャル戦線に投入できたのは、2014年6月のモスル制圧でイラク軍から強奪した最新兵器や豊富な弾薬があったことも背景となっている。(2015年2月・シンジャル近郊・IS写真)

【IS】シンジャル近郊で、クルド・ペシュメルガ部隊と対峙するIS。大量の重火器、兵器をシンジャル戦線に投入できたのは、2014年6月のモスル制圧でイラク軍から強奪した最新兵器や豊富な弾薬があったことも背景となっている。(2015年2月・シンジャル近郊・IS写真)

【IS】ヤズディ教徒が多数を占めるシンジャル一帯には、ヤズディ教の聖塔コッブが点在していた。聖人や地元名士を祀るほか、周辺には墓地も置かれるヤズディ教徒の宗教施設だ。ISは制圧した地域で、コッブを次々と爆破していった。ISはこうした施設を「悪魔崇拝の象徴」とみなしている。(2015年8月・シンジャル近郊・IS写真)

【IS】ヤズディ教徒が多数を占めるシンジャル一帯には、ヤズディ教の聖塔コッブが点在していた。聖人や地元名士を祀るほか、周辺には墓地も置かれるヤズディ教徒の宗教施設だ。ISは制圧した地域で、コッブを次々と爆破していった。ISはこうした施設を「悪魔崇拝の象徴」とみなしている。(2015年8月・シンジャル近郊・IS写真)

次のページ:シンジャル山一帯を進むIS部隊の戦闘員…