爆撃が続く東ゴータでは、食料不足のため、多くが一日一食という。「モルハム・ボランティアチーム」からお菓子が配られ、子どもたちは大喜びだ。(2月24日・東ゴータ・サクバで撮影)

◆避難所に身を寄せ ほぼ2か月

ダマスカスの反体制派エリア、東ゴータ。シリア政府軍などによる今回の攻撃では500人以上の死者が出ている。2月20日に現地の状況をネット回線で伝えてくれた地元フォトジャーナリストのアブドゥル・アルバセッド氏(28)は、市民グループ「モルハム・ボランティアチーム」のメンバーでもある。グループは24日、爆撃や砲撃から逃れるための避難所(シェルター)に身を寄せる子どもたちにお菓子などを配った。子どもたちの状況をネット回線を通じて聞いた。写真はいずれもアブドゥル氏が送ってきたもの。(玉本英子・アジアプレス)
関連写真:アサド政権が攻撃を続けるダマスカス近郊ゴーダ地区 地元記者が撮影した貴重な写真(9枚)

アブドゥル・アルバセッド:私は東ゴータのサクバにいます。町は墓場のようです。子どもたちの多くは、攻撃が激しくなった、この2か月以上のほとんどを、シェルターで暮らしています。学校は閉鎖されています。ここには電気も水もありません。刑務所のようなものです。みんなで固まって、ひとつの場所に座っているだけです。爆撃の音が途絶えた時に、外へ出て、体を洗ったり、トイレに行きます。そしてシェルターに戻ります。
次のページ:いつ死ぬか分からない恐怖のなかで...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう