◆同性愛者に向けられる目、私たちの社会は

公開処刑を繰り返したISは確かに残虐だ。だが程度の違いはあれ、一部のイスラム諸国にも身体罰はある。キリスト教社会の近代ヨーロッパでも同性愛行為に刑事罰が課された。社会的偏見や差別は現代の日本でも根強い。

ISは神の言葉を実践するなどとして、現代社会に様々な制度を復活させた。宗教をどう解釈し、社会と適合させるかは、時代や地域によって異なる。過酷な処罰を下したISは「前近代的」だろう。

では振り返って私たちの社会は同性愛者にどう向き合ってきただろうか。

シリア・ラッカで同性愛者が突き落とされ殺害された現場を取材。処刑の日、路上ではたくさんの人びとがこの様子を見ていたという。(2019年10月:坂本卓撮影)

(※本稿は毎日新聞大阪版の連載「漆黒を照らす」2020年2月11日付記事に加筆したものです)