アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号
小出裕章の記事一覧
<小出裕章さんに聞く>高速増殖炉を世界で日本だけが手放そうとしない理由2 もんじゅは廃炉しかない

<小出裕章さんに聞く>高速増殖炉を世界で日本だけが手放そうとしない理由2 もんじゅは廃炉しかない

連載1 から読む >> 原子力規制委員会は15年末、高速増殖炉「もんじゅ」の運営主体を変更するよう文部科学省に勧告した。多くの国はすでに、原子炉のエネルギー源であるウラン...
<小出裕章さんに聞く>高速増殖炉を世界で日本だけが手放そうとしない理由1 米露英仏は撤退

<小出裕章さんに聞く>高速増殖炉を世界で日本だけが手放そうとしない理由1 米露英仏は撤退

原子力規制委員会は15年末、高速増殖炉「もんじゅ」の運営主体を変更するよう文部科学省に勧告した。多くの国はすでに、原子炉のエネルギー源であるウランを増殖させるための高速増...
ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

<小出裕章さんに聞く>原発作業員のガン発生に労災適用を 被爆限度超えは約2万人

福島第一原発の敷地の中、特に原子炉建屋内部では今も放射線線量が非常に高い状態が続いている。そうした中で、少しでも廃炉作業を進めるために毎日多くの作業員が被曝をしながら働い...
京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

<小出裕章さんに聞く>お先真っ暗の核燃料サイクルを政府はなぜ手放そうとしないのか

昨年11月、高速増殖炉もんじゅの運営主体である日本原子力研究開発機構に代わって、別の運営主体を半年をめどに見つけるよう政府より勧告が出された。これは、日本の原子力政策の中...
元京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

<小出裕章さんに聞く>サブドレイン計画の有効性は?「地下水は汲上げより遮断を」

2015年9月より、福島第一原発では地下水の汲み上げと、その海洋放出が始まった。原子炉建屋周辺に設置されたサブドレインと呼ばれる井戸から、まだ汚染の少ない地下水を汲み上げ...
<小出裕章さんに聞く>核か原子力か~日本政府とマスコミのダブルスタンダード

<小出裕章さんに聞く>核か原子力か~日本政府とマスコミのダブルスタンダード

国際ニュースで「核問題」が取り上げられるとき、それは安全保障上の脅威、非難の対象として報じられるが、日本の原子力開発は安全保障問題とは無縁であるかのように論じられてきた。...
金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top