北部モスルはいま (1) 写真・文 玉本英子
イラクで最も危険な街

tama_01.jpg【米軍の空爆で破壊された建物。4年前のファルージャ虐殺を思い起こさせた(スナア地区)】

バグダッドから北へ400キロ、イラク北部最大の都市、モスル。チグリス川の恵みを受け、かつてニネヴェと呼ばれた街は、聖書にも名を残すほど歴史が深い。
そこはいま、「イラクで最も危険な街」と呼ばれている。市内には武装勢力の潜伏拠点が点在し、米軍とイラク軍による掃討作戦が繰り広げられている。

3月下旬、私はイラク軍第二師団の部隊に同行してモスルに入った。限られた形の取材であったとしても、現場に入り、少しでも人びとに近づきたいと思った。
「ここでは政府も法律もない」
兵士がそう言った。傍らの兵士たちもうなずく。

この数年、米軍はイラク軍の再編に力をいれてきた。訓練を受けたイラク兵が戦闘の最前線に投入され、米軍が後方から支援する形になった。武装勢力は、「占領の協力者」とみなし、イラク軍に攻撃を加える。
モスルにはシーア派がほとんどいないため、バグダッドのような宗派抗争はないが、クルド人や政府協力者などに対する誘拐、暗殺はあとを絶たない。自爆攻撃も頻発する。
次のページへ ...