ヤズディ教徒が最も多いのがイラク北部のニナワ県とその近郊地域。図は2014年8月、ISが襲撃した際の状況。

【ヤズディ(ヤジディ)教】
ゾロアスター教のほか、イスラム教やキリスト教の影響も受けている、主にクルド系住民の一部に受け継がれてきた少数宗教。イラク、シリア、トルコなどにまたがる地域に暮らす。イラク国内には最も多く、およそ60万人が暮らし、クルド語を話す。フセイン政権下では迫害され、イラク戦争後はイスラム武装勢力から「悪魔崇拝」として狙われてきた。ヤジディ教、エズディ教とも表記される。

【関連記事」
【写真特集】イラクのヤズディ教徒たち(1)◆受け継がれてきた共同体
写真特集(1) イスラム国の迫害にさらされるヤズディ教徒
<イラク写真報告>ヤズディ教徒襲撃から2年(1)ISによる集団虐殺の悲劇