ISは空爆による民間人の犠牲を強調している。とくにシリア政府軍は「たる爆弾」を多用するため、爆撃被害が広範囲に及ぶという。写真は病院に搬送された子ども。シリア・ラッカ県(IS映像)

ISは空爆による民間人の犠牲を強調している。とくにシリア政府軍は「たる爆弾」を多用するため、爆撃被害が広範囲に及ぶという。写真は病院に搬送された子ども。シリア・ラッカ県(IS映像)

イスラム教のザカート(喜捨)という教えに基づいて、貧困家庭には物資に加え、一定額の現金も配布される。写真は現金が入っているとされる封筒。地方の行政機関が、配布対象の世帯を登録し、台帳に基づいて配布するという。イラク・ニナワ県(IS映像)

イスラム教のザカート(喜捨)という教えに基づいて、貧困家庭には物資に加え、一定額の現金も配布される。写真は現金が入っているとされる封筒。地方の行政機関が、配布対象の世帯を登録し、台帳に基づいて配布するという。イラク・ニナワ県(IS映像)

IS支配下のラッカで抵抗活動を続けるアルラッカウィ氏のグループ「静かに虐殺されるラッカ」では、市民の様子を極秘に撮影し続けている。ISが公開するプロパガンダ映像とは違い、苦しい生活を強いられる市民の日常生活が記録されている。写真は乳母車を押す女性の姿。(「静かに虐殺されるラッカ」撮影)

IS支配下のラッカで抵抗活動を続けるアルラッカウィ氏のグループ「静かに虐殺されるラッカ」では、市民の様子を極秘に撮影し続けている。ISが公開するプロパガンダ映像とは違い、苦しい生活を強いられる市民の日常生活が記録されている。写真は乳母車を押す女性の姿。(「静かに虐殺されるラッカ」撮影)

ISが公開したラッカの市場の様子。市民生活はISの統治のもと平安であることを強調し、「恐怖支配というのは西側キリスト教国・十字軍のデマである」などとしている。シリア・ラッカ県(イスラム国映像)

ISが公開したラッカの市場の様子。市民生活はISの統治のもと平安であることを強調し、「恐怖支配というのは西側キリスト教国・十字軍のデマである」などとしている。シリア・ラッカ県(イスラム国映像)

ISの支配地域の面積はシリアの国土に相当する広さになっている。シリアはちょうど日本の半分。つまり日本のおよそ半分の面積がISが実効支配する区域ということになる。各国の脅威となりつつあるISに対し、壊滅作戦が検討されているが、短期間で制圧できるほど容易ではない。(地図 ASIAPRESS)

2014年末頃のISの支配地域。面積はシリアの国土に相当する広さになっている。シリアはちょうど日本の半分。つまり日本のおよそ半分の面積がISが実効支配する区域ということになる。各国の脅威となりつつあるISに対し、壊滅作戦が検討されているが、短期間で制圧できるほど容易ではない。(地図 制作:ASIAPRESS)

<ラッカ内部は今>記事一覧>>>   (1)  (2)  (3)  (4)