クルディスタン 山をおりるとき~(1) 写真・文 玉本英子

【PKKの女性ゲリラ。各国に暮らすクルド人が解放闘争のために集まった。(04年イラク領・カンディル山脈)】

「スラーヴァ、シェヒダン(殉死した同志に捧げ銃)!」
朝7時、朝もやのなか、号令が山に響く。
ザクッ、ザクッと、行進する足音とともに、砂煙が舞い上がった。
かれらはクルディスタン労働者党(PKK)に所属するクルドゲリラだ。

PKKはクルド解放を掲げ、20年にわたりトルコ軍との戦闘を続けてきた。
いまもイラク北部の山岳地帯に5000を超えるクルドゲリラを展開している。

クルド人はトルコ、イラク、イラン、シリアにまたがる地域に暮らす民族だ。
自分たちの暮らす大地をクルディスタンと呼んできた。

クルドの大地は豊富な資源の存在ゆえ、つねに周辺諸国の支配下にあった。
各地で起きたクルド民族運動はことごとく弾圧されてきた。
(つづく) 第2回から会員記事です
玉本英子 ルポ~PKKクルドゲリラ (2) >>>
(初出 04年)
APN_archive_0001.gif