20150730_APN_mosul620B

「アルカイダ系武装組織で戦った2人の兄、米軍とイラク軍に殺されIS志願」
前回の元戦闘員アリ・ハラフのインタビューでは、貧困と恨みから武装組織「イスラム国」(IS)に参加した青年を取り上げた。今回は、別の戦闘員とのインタビューを掲載する。分隊長として部下を持つ地位にあったが、今年初め、クルド部隊ペシュメルガと戦闘中に拘束された。モハメッド・イブラヒム(30)は、スンニ派イスラム教徒。イラク第2の都市モスルが昨年6月、ISによって制圧されると、自らISに入隊を志願、戦闘員となった。イラク・クルディスタン地域の治安当局の施設で、手錠姿のイブラヒムは、終始、落ち着いた様子で、淡々とした口調で、ISに加わったことへの思いを話し続けた。彼は拘束されてもなお、ISを強く信奉していた。【取材:4月下旬・玉本英子】

クルディスタン治安当局に拘束された「イスラム国」元戦闘員のモハメッド・イブラヒム(30)。2人の兄はアルカイダ系組織に所属、米軍とイラク軍に殺害された。その恨みや貧困から、彼はISに志願した。(4月下旬:イラク北部にて撮影:玉本英子)

クルディスタン治安当局に拘束された「イスラム国」元戦闘員のモハメッド・イブラヒム(30)。2人の兄はアルカイダ系組織に所属、米軍とイラク軍に殺害された。その恨みや貧困から、彼はISに志願した。(4月下旬:イラク北部にて撮影:玉本英子)

◆なぜISに入ったのか?
モハメッド:
自分はモスル郊外の村の出身だ。昨年6月、ISがモスルを制圧したとき、彼らの考え方に共鳴した。私は、自らISの事務所へ行った。私には2人兄がいて、アルカイダ系組織に所属していた。二人とも米軍とイラク軍に殺された。どちらも絶対に許さない、とずっと思っていた。残された自分はISへ入ることを決めた。
彼らの事務所へ行き、「一緒に働きたい」と言うと、受け入れてくれた。すぐに自動小銃を与えられた。銃はすでに持っていたし、扱い方は知っていたので、とくに訓練をする必要はなかった。自分以外に参加しようとした人たちはいたが、それほど多くには見えなかった。信仰への距離感や考え方の違いで参加しないのだと思った。

2014年6月にISは1000人規模の部隊でモスルを陥落させた。自爆攻撃などを多用し、イラク軍は敗走。人口200万のイラク第2の都市がISの手に堕ちたことはイラク政府にとって大きな衝撃だった。アメリカから供与された大量のイラク軍の武器・兵器がISに奪われた。写真は強奪したイラク軍の車両でモスル市内をパレードするIS部隊。(モスル・IS映像)

2014年6月にISは1000人規模の部隊でモスルを陥落させた。自爆攻撃などを多用し、イラク軍は敗走。人口200万のイラク第2の都市がISの手に堕ちたことはイラク政府にとって大きな衝撃だった。アメリカから供与された大量のイラク軍の武器・兵器がISに奪われた。写真は強奪したイラク軍の車両でモスル市内をパレードするIS部隊。(モスル・IS映像)

続きを見る...

<IS戦闘員インタビュー>記事一覧

<玉本英子のシリア報告><玉本英子のイラク報告>