グルバール誌の風刺画「宗教者は女性にヒジャーブを与えるだけ」ISは編集長を拘束。

◆拘束され行方不明の地元記者ら 数知れず 

ジャーナリストの安田純平さんがシリアで拘束されてから3年が過ぎた。シリア北西部イドリブ県内の武装組織に捕らわれているとみられる。一方、外国人よりもはるかに多い数のシリア人が拉致、殺害されている現状がある。

2013年にイドリブ市内で過激派組織イスラム国(IS=当時は「シリア・イラクのイスラム国」)に拘束されたシリア人ジャーナリストで雑誌編集長のモハメッド・スルーム氏(37)。彼はのちに脱出できたが、編集に携わっていた弟は、別の武装組織、シャム解放機構(旧ヌスラ戦線)にいまも拘束されたままだ。現在、トルコ南部に避難するモハメッド・スルーム氏に電話で聞いた。(玉本英子・アジアプレス)

◆風刺画でISに拘束された

◇なぜ捕まったのですか?

モハメッド・スルーム氏:

イドリブの社会情報誌「アル・グルバール」の編集長でした。2013年12月の夜、作業場に一人でいました。そこに突然、黒い覆面をかぶった武装した男たちが押し入りました。頭に布をかぶせられ、車でどこかの建物に連れて行かれました。

シリア・イドリブの雑誌編集者モハメッド氏。拘束されたり、脅迫を受けるなどし、トルコに脱出。弟はシャム解放機構に拉致されたままという。(2016年シリアで撮影・本人提供)

 

男にカラシニコフ銃を頭に突き付けられました。ISに捕まったのです。

「お前は背教徒。アッラーの敵だ。殺す」と言われました。その月の号に載った風刺画に問題があると言われました。戦闘員には地元シリア人もいましたが、チュニジアあたりのなまりのある男もいて、外国人もいるとわかりました。

刑務所のような場所へ入れられました。そこには私以外に15人いました。すべて市民で、イドリブ以外の町から連れて来られた者もいました。

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう