安田純平さんを拘束か、と報じられるフッラース・ディンが今年5月公開した映像。

(1)から読む>>

◆弟は武装組織に拘束されたまま

シリアであいつぐ拉致事件。外国人よりも、はるかに多くの地元シリア人が拘束や誘拐されている。北西部イドリブで活動してきたシリア人ジャーナリスト、モハメッド・スルーム氏(37)は2013年12月にイスラム国(IS)の前身「イラク・シリアのイスラム国」に拉致され、トルコに逃れた。2人の弟はシリア政府当局と、武装組織シャム解放機構(旧ヌスラ戦線)に拘束され、現在、行方はわからない。シリアであいつぐ拉致・誘拐について、電話で聞いた。(玉本英子・アジアプレス)

モハメッド・スルーム氏:

シリア人の記者は誰もが非常に危険な状況に置かれています。武装組織だけではなく、アサド政権、自由シリア軍、クルド組織も、自分たちのことをよく伝えないメディアを攻撃するからです。

私は2013年、ISに拘束されましたが、直後に自由シリア軍との衝突でISが地区から敗走したため、奇跡的に脱出できました。しかし一緒に仕事をしていた弟サーメル(33)は、2017年12月にシャム解放機構(旧ヌスラ戦線)に捕まったままです。昨年の12月、両親の家に一人でいたところを、黒マスクをした男たちが襲撃し、どこかへ連れて行かれました。近所の人が目撃していたのです。しかし犯人から何も連絡がなく、家族は不安な毎日でした。

ISに支配されたラッカについてアピールするサーメルさん。その後2017年、シャム解放機構(旧ヌスラ)に拘束され行方不明。(2016年撮影・家族提供)

 

その後、シャム解放機構から解放されたばかりの男性が家に来て、「サーメルは彼らに拘束され、劣悪な環境で皮膚病になっている」と聞きました。過去にシャム解放機構の前身、ヌスラ戦線について否定的な記事を書いたのが原因ということでした。

過去には裕福なシリア人がギャング等を介してヌスラ戦線に拘束され、仲介人が5万ドル(約500万円)を要求し、支払うと今度は50万ドルを要求されたという話を聞いたことがあります。すべての連絡が携帯電話です。誰も信用できません。

シリア北西部のおおよその勢力図(2018年8月時点)。各派が衝突を繰り返しているうえ、シリア政府軍の大規模なイドリブ攻略戦も迫る。(地図作成:アジアプレス・坂本)

 

一方、下の弟のアラ(31)は2013年に突然消息が分からなくなりました。3年後、彼はシリア当局に捕まり、ダマスカス近郊の刑務所にいることが分かりました。同じ刑務所にいたという男性が出所後、訪ねてくれたからです。兵役で政府軍に入ったのですが、脱走して捕まり、8年の刑を受けたということでした。

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう