◆海水浴客で賑わうイスラエルのビーチ

日本の真夏は終わりを告げたが、中東の夏はまだ続いている。イスラエルの海は地中海に面している。リゾート地もたくさんあり、夏には海外からも来る海水浴客で賑わっている。 温水式のシャワー、ホテル、レストラン、コーヒーショップなど施設が整っていて、ビーチパラソルの下でのびのびと寝そべる女性たちの姿が見られる。女性たちの水着姿は肌をあらわに出したビキニ姿が多い。海辺では親子が楽し気に泳いでいる。(古居みずえ/アジアプレス)

イスラエルのリゾート(イスラエル・テルアビブ近郊:2019年:古居みずえ)

イスラエルのビーチで遊ぶ親子連れ(イスラエル・テレアビブ近郊:2019年:古居みずえ)

◆衣服を身に着けたまま泳ぐガザの女性たち

一方、ガザ地区はイスラム教徒が9割以上を占め、ガザの女性たちが海で泳ぐときは衣服を身に着けたままだ。イスラム教徒の女性は夫以外の男性に肌を見せることを禁じられているために、肩や背中を出す水着などは着ることができない。そのために衣服をきたまま、海に入るのだ。水が入ると重くなると思うが、女性たちは数人づれで海の遊泳を楽しんでいた。隣国レバノンもイスラム教徒の国だが、キリスト教徒も多く、肌を出して泳ぐ女性たちが多いと聞く。