トルコ軍の爆撃で崩れた瓦礫の下から救出された女性。(テル・タミル 玉本撮影)

◆シリア北部・戦火逃れ、避難民20万

2019年10月9日、私はトルコと国境を接するシリア北部のカミシュリで取材中だった。戦争は突然始まった。

「ドーン」。暗闇に雷が落ちたかのような轟音が空気を揺さぶる。トルコ軍の砲弾が炸裂した瞬間だ。一連の砲撃で、市民も命を落とした。(玉本英子/アジアプレス)

10月上旬のシリア。トルコ軍とその支援を受けたシリア反体制派はアラブ人がほぼ半数を占めるテルアビヤッドとラース・アル・アインに攻撃開始。(地図制作・アジアプレス)

トルコ軍はシリア北部の2つの町、テルアビヤッドとラース・アル・アインに越境攻撃、軍事作戦を開始した。カミシュリを含む国境地域でも砲撃があいついだ。ラース・アル・アインから30キロのテル・タミルの病院へ行くと、負傷者が次々と運び込まれていた。「戦闘機の爆弾が爆発し、家が崩れ落ちた」。瓦礫の中から救出された18 歳の女性は、ベッドに横たわりながら、震える声で言った。民間人だけで死者は300人におよぶ。

ラース・アル・アインでトルコ軍機の空爆を受け、負傷し、病院に搬送されてきたシリア民主軍(SDF)戦闘員。(2019年10月・シリア、テル・タミル 玉本撮影)

「平和の泉作戦」と名付けられたトルコ軍による軍事侵攻。その狙いは、シリア北東部を実効統治するクルド・人民防衛隊主導のシリア民主軍(SDF)勢力を地域から排除することだ。トルコのエルドアン大統領はシリア・クルド勢力を「テロ組織」とみなし、国境を挟んで対峙してきた。

IS掃討戦でクルド勢力と連携した米軍は、トルコを仲介し、安全地帯設置に合意。10月上旬には米軍(手前)とトルコ軍(後方)が国境地帯を巡回。(2019年10月・シリア北部 玉本撮影)

過激派組織イスラム国(IS)との最前線で戦ったのがSDFで、IS壊滅を急ぐ米軍は武器供与などで連携した。国境地帯ではSDFとトルコとの間に米軍が入る形で衝突を抑制していた。双方は国境線に沿った安全地帯構築で合意し、米軍・トルコ軍の合同パトロールも始まったばかりだった。 
次のページ: それを一気にひっくり返したのが... ↓