シリアの一般家庭を取材する玉本英子。内戦下の市民の暮らしを伝えるため、シリア北東部に入った(2013年春撮影)

シリアの一般家庭を取材する玉本英子。内戦下の市民の暮らしを伝えるため、シリア北東部に入った(2013年春撮影)

 

◇反アサド勢力が宗派、民族別に割拠
シリアはどうなっているのか。アラブの春の余波を受け、シリアで反政府デモが本格化して2年が過ぎた。アサド政権軍と自由シリア軍をはじめとする反政府組織との戦いが泥沼化し、国際社会は手をこまねいている、ということなら、連日のシリア報道から多くの日本人が知るところだ。だがそれ以上の情報はなかなか伝わってこない。

そこに住む人々が何を思い、どのように暮らしているのかは知るすべもない。今年の春、玉本英子がシリアに単独潜入し取材を敢行。戦火の中で生きる人々について語ってもらった。二回にわたってお届けする。(編集・整理/大村一朗)

◆シリアで何が起きているのか
Q:今回、どのような取材を目的にシリアへ行ったのですか?

玉本:シリアでは、内乱が発生した2011年以降、多くのジャーナリストが訪れています。フリーランスの場合、自由シリア軍の同行取材がほとんどでした。

私は2004年、シリア北東部の都市カミシュリで反政府運動が高まったときにシリアを訪れ、そのとき運動の主体となっていた人たちや、運動の中で命を落とした若者たちの遺族を取材しました。今回は戦闘の最前線よりも、一般の人々がどのように暮らしているのかを取材し、伝えたいと思いました。

続きを見る...

玉本英子インタビュー(下)>>

201304_syria_tamamoto_001