昨年8月に起きた武装組織「イスラム国」(IS)によるヤズディ教徒(ヤジディ教徒)への襲撃。イラク北西部シンジャル一帯のヤズディ住民 は殺戮にさらされた。イスラム教への改宗を拒否した男たちは殺害、女性と子どもたちは集団で拉致された。女性は「奴隷」として強制結婚させられ、一部の少 年たちは、軍事訓練所に送られた。シリア・ラッカの訓練所に5か月間入れられ、命がけで脱出してきたばかりの14歳の少年ダハム君(仮名)にイラク北部で話を 聞いた。【玉本英子・2015年4月】(全3回)

今年2月ISが公開した「ファルーク訓練所の少年戦士」とする宣伝映像。世界のメディアは子どもを軍事訓練させていることを大きく伝えたが、子どもたちの背景については分からなかった。今回のフェルハン君の証言で、この映像に出てくる少年たちのすべてがイラク北西部から拉致されたヤズディ教徒ということが明らかとなった。フェルハン君は弟とともにこの施設に収容され、過酷な訓練を受けさせられた。(IS映像)

今年2月ISが公開した「ファルーク訓練所の少年戦士」とする宣伝映像。世界のメディアは子どもを軍事訓練させていることを大きく伝えたが、子どもたちの背景については分からなかった。今回のダハム君の証言で、この映像に出てくる少年たちのすべてがイラク北西部から拉致されたヤズディ教徒ということが明らかとなった。ダハム君は弟とともにこの施設に収容され、過酷な訓練を受けさせられた。(IS映像)

イラク・シンジャルの村で拉致され、シリアに強制移送

◆昨年8月、村が襲撃されたとき、何が起きたのか?
ダハム:
夜、村にたくさんの車が入ってきた。そこには戦闘員たちが乗っていた。銃を持っていた村の自警団と撃ちあいになったけど、弾が尽きて包囲されてしまった。僕の兄さんが逃げようと車を出したとき、ISの戦闘員に撃たれて殺された。僕の目の前で兄さんが死んだ。

戦闘員は、村人たちを集めて、男、女と子どもの2つのグループに分けた。その時にお父さんと引き離されて、行方は今も分らない。僕はお母さん、弟と一緒にミニバスに乗せられ、いくつかの場所を転々として、モスルに連れていかれた。モスルでは結婚式場のホールに監禁された。戦闘員は、若い未婚女性、子どもを連れた母親に分けた。そして若い女性たちをまず連れ出していった。僕は弟とお母さんと一緒に別の町へ移された。最後に着いたのがシリアのラッカだった。

ラッカでは、アラブ人の男が、お母さんと弟、僕を買ったということだった。でもすぐに、他の男に転売された。僕たちは男の家から逃げようとしたが、 見つかり、一週間監獄へ入れられた。お母さんは男の家に監禁され、僕と弟はラッカのファルーク軍事訓練所に入れられた。そこで5か月あまりをすごした。

◆訓練所での共同生活は?
ダハム:
軍事訓練所にいた128人の男の子は10歳から16歳までで、全員イラクで拉致されたヤズディだった。教官のひとりはウズ べキスタン人でアブドゥルラハマンと名乗った。暴力をふるう人ではなかったが、とても怖かった。「ヤズディは悪い奴らだ」といつも口汚い言葉で言われ、憎 しみの気持ちでいっぱいになった。

食事はなんとか食べられた。夜は大きな部屋にマットを敷いて、子どもたちみんなで寝た。どの子も家族を思い出して泣いていた。夜は厳しい監視もな かったので、小さな声だけど自由に話せた。「いつかきっと神さまが助けてくれて、なんとか生きて抜け出せるようにしてくれるはず」と友達どうしでいつも励ましあっていた。(つづく)

シリア・ラッカにある少年軍事訓練所から脱出してきたばかりのヤズディ少年フェルハン君(14)。昨年8月、イラク北西部から母親と弟とともに拉致され、ラッカのIS戦闘員に「奴隷」として売られた。兄弟は約5か月にわたって、コーランの勉強や銃などの武器の使い方を教えられた。(イラク北部・4月末撮影:玉本英子)

シリア・ラッカにある少年軍事訓練所から脱出してきたばかりのヤズディ少年ダハム君(14)。昨年8月、イラク北西部から母親と弟とともに拉致され、ラッカのIS戦闘員に「奴隷」として売られた。兄弟は約5か月にわたって、コーランの勉強や銃などの武器の使い方を教えられた。(イラク北部・2015年 4月末撮影:玉本英子)

ISが襲撃したのはイラク北西部のヤズディ教徒が暮らすシンジャル一帯。ISはヤズディ教を「悪魔崇拝の邪教」とし殺戮と迫害を開始。数万を越える住民が脱出したが、逃げ遅れた人びとはイスラムへの改宗を迫られたり、殺害された。女性、子どもは拉致されたまま、多数が今も行方不明だ。

ISが襲撃したのはイラク北西部のヤズディ教徒が暮らすシンジャル一帯。ISはヤズディ教を「悪魔崇拝の邪教」とし殺戮と迫害を開始。数万を越える住民が脱出したが、逃げ遅れた人びとはイスラムへの改宗を迫られたり、殺害された。女性、子どもは拉致されたまま、多数が今も行方不明だ。

 

【ヤズディ教(ヤジディ教)】
ゾロアスター教の流れをくむといわれるが、イスラム教やキリスト教の影響も受けている。イラク、シリア、トルコなどにまたがる地域に暮らす。イラク国内には最も多く、およそ60万人が暮らし、クルド語を話す。フセイン政権下では迫害され、イラク戦争後はイスラム武装勢力から「邪教」として狙われてきた。ヤジディ教、エズディ教とも表記される。

※2回目以降は有料会員記事(全3回)
次へ >> 格闘訓練で弟を殴れと命令(2)

<玉本英子のシリア報告><玉本英子のイラク報告>