昨年12月、コバニでの戦闘は最も激しくなり、町の半分ちかくがISに制圧された。10万だった住民のほとんどがトルコに逃れ、約2000人にまで減った。ときおり砲弾が飛んでくるため、子どもたちは日中のほとんどの時間を暗い部屋の中でじっと座って過ごしていた。(2014年12月・撮影 玉本英子)

2014年12月、コバニでの戦闘は最も激しくなり、町の半分ちかくがISに制圧された。10万だった住民のほとんどがトルコに逃れ、約2000人にまで減った。ときおり砲弾が飛んでくるため、子どもたちは日中のほとんどの時間を暗い部屋の中でじっと座って過ごしていた。(2014年12月・撮影 玉本英子)

9月にISが公開した宣伝映像では、「シリアの混乱はアサド政権や西洋キリスト教諸国が元凶であり、自分たちはイスラム教徒を手厚く保護している」と強調。(IS映像)

2015年9月にISが公開した宣伝映像では、「シリアの混乱はアサド政権や西洋キリスト教諸国が元凶であり、自分たちはイスラム教徒を手厚く保護している」と強調。(IS映像)

ISは、「イスラム国統治下の地域では、市民は平穏に豊かに暮らしている」とするイメージ映像や、住民の証言を多数盛り込んだ宣伝映像を制作。イスラム教徒はシリアから逃げるのではなく、むしろISの地域へと移住せよ、と呼びかけた。(IS映像)

ISは、「イスラム国統治下の地域では、市民は平穏に豊かに暮らしている」とするイメージ映像や、住民の証言を多数盛り込んだ宣伝映像を制作。イスラム教徒はシリアから逃げるのではなく、むしろISの地域へと移住せよ、と呼びかけた。(IS映像)

<<< 第2回  │  第4回 >>>


<<<(1)「私はなぜ家族と国境を越えたのか」シリア人記者語る
<<<(2)トルコ西部の海沿いの町~ヨーロッパ目指す難民たち

<<<(4)ギリシャに殺到する難民、極度のストレスも
>>>(6)ハンガリー、オーストリアを越えドイツに
>>>(7)ドイツでの生活を始める
>>>(8)シリアの今後はどうなるのか
>>>(9終)「豊かさを求めて難民になったのではない」