国境からバスで6時間かけて、セルビアの首都、ベオグラードに入りました。バスはひとり50ユーロ支払いました。そしてセルビアからハンガリーへ向かいます。国境では、指紋を採られました。それ自体は問題ないと思いましたし、みんな受け入れていました。ただ、指紋から犯罪歴や手配されていないかなどを調べるために1日、国境で待たなければならなかったのがつらかったです。

「ハンガリーは難民にはひどい対応をしている」というのが難民の間で知られていました。手荒く扱われたり、言うことを聞かなければ殴りつけられたり、日常茶飯事だったようです。一部のハンガリー人による難民に反対する抗議行動もいくつか起きていたようです。さらに暴漢が難民を襲撃していると言われていました。

そこで、私たち難民はひとつのグループをつくりました。およそ100人のグループです。シリア人だけでなく、いろんな国の人たちがいました。アフガニスタン人もいました。英語を話せるのが私だけで、全員のために通訳しなければなりませんでした。それは大変な作業でしたが、大人数でまとまって行動したので、ハンガリー人の暴漢などに狙われることもありませんでした。携帯電話で先に国境を抜けた同郷の仲間と連絡しあい、携帯電話のGPSでどの位置にパスポート検査や書類審査があるかなどを調べて動きました。(つづく)

マケドニア警察がギリシャ国境にフェンスを設置しようとし、越境を止められた難民の一部が抗議、衝突する事態も。(2015年8月・マケドニア警察撮影映像)

マケドニア警察がギリシャ国境にフェンスを設置しようとし、越境を止められた難民の一部が抗議、衝突する事態も。(2015年8月・マケドニア警察撮影映像)

シリア内戦とイラクの混乱などで、ヨーロッパに大量の難民が押し寄せている。写真は貨物列車に隠れていたところを警察に発見された難民。(2015年6月・マケドニア警察撮影映像)

シリア内戦とイラクの混乱などで、ヨーロッパに大量の難民が押し寄せている。写真は貨物列車に隠れていたところを警察に発見された難民。(2015年6月・マケドニア警察撮影映像)

次のページへ ...