読者の皆さまへ

平素はアジアプレス・ネットワーク(APN)をお読みいただきありがとうございます。

あらためて言うまでありませんが、2021年も新型コロナウイルスの猛威が収まらず、世界中で多くの人が命を落とし、家族を失い、困窮を余儀なくされるなど、暮しを一変させられる悲劇が起こりました。とりわけ、紛争や戦乱、強権統治が続く地域に住む人々は、脆弱な医療・保健システムや貧困のため、苦難が続いています。しかしパンデミックの中で、私たちを含めたジャーナリストが現地を訪れることは困難になり、世界には多くの死角地帯が生まれてしまいました。現場に赴くことが極めて困難になる中で、アジアプレスのメンバーたちは、長く取材してきた現地とのネットワークを駆使して、何とか人々の声を伝えようと努めてきました。視界は悪く、予測できないことばかりですが、アジアプレスでは今年も困難な人々の生に光を当てる仕事を続けてまいります。

皆様にとって、2022年がよき年となることを願っております。安寧にお過ごしくださいませ。

今年もよろしくお願いいたします。

2022年1月 アジアプレス・ネットワーク編集部