◆有志連合とアサド政権軍双方が空爆 病院、医師不足で死者急増

武装組織イスラム国(IS)の支配地域の住民は、連日、アサド政権のシリア政府軍や米軍主導の有志連合軍の空爆にさらされている。負 傷しても医療施設が不足しているため、死者は増える一方だという。しかしISによる厳しい情報統制のため、住民たちの状況はなかなか伝わってこない。ラッ カ市内で地下抵抗活動を続けるイブラヒム・アルラッカウィ氏は、市内各地の現場に足を運び、住民たちの声に耳を傾けてきた。そのアルラッカウィ氏と2月上 旬に直接通話して聞いた。【取材:玉本英子】

ISの「首都」ラッカは、アサド政権のシリア政府軍と、米軍主導の有志連合軍の双方の空爆にさらされている。IS戦闘員の軍事拠点だけでなく、住宅地にも爆弾が投下され、市民の犠牲も絶えない。シリア・ラッカ県(IS映像)

ISの「首都」ラッカは、アサド政権のシリア政府軍と、米軍主導の有志連合軍の双方の空爆にさらされている。IS戦闘員の軍事拠点だけでなく、住宅地にも爆弾が投下され、市民の犠牲も絶えない。シリア・ラッカ県(IS映像)

 

201506RED_sq01.gif 空爆下のラッカ 学校・大学も1年間ストップ

◆学校や大学はどうですか?

アルラッカウィ氏:この1年間、学校も大学もストップしたままです。これまでモスクの中で小 さい子どもにコーランを教えるようなことは続いていました。教えているのはISの支持者などです。最近では一部の一般の学校も再開し始めていますがカリ キュラムはISの方針に沿った、アサド政権時代とは大きく異なっています。

◆ラッカの医療施設はどういう状況ですか?

アルラッカウィ氏:市内では医療施設が足りません。ISが支配する以前は15の病院がありま したが、今は6つで、そのうちのひとつである国立病院は医師もおらず設備もなく、1年以上機能していません。他の5つは民間病院で治療費が高く、お金のな い一般市民は行くことができません。市民が利用できる医療機関がないのです。現在、米軍主導の有志連合軍と、アサド政権軍がそれぞれ空爆をしています。多 くの市民が負傷していますが、ここには手術などに対応できる施設も乏しく、治療できずに亡くなる人が増えています。

続きを見る...

<ラッカ内部は今>記事一覧>>>   (1)  (2)  (3)  (4)  (5)

<玉本英子のシリア報告><玉本英子のイラク報告>