ときおりズドーンと轟音をあげて砲弾が撃ち込まれ、地面が大きく揺れる。銃撃は絶え間なく続く。2014年12月、イスラム国(IS)が包囲戦を行っていたシリア北部のコバニ(アラブ名アインアルアラブ)。シリアで最も激しい戦闘が続いていた街入った。(玉本英子)

イスラム国戦闘員による自爆攻撃で破壊された建物(アレッポ県コバニ2014年12月下旬 玉本撮影)

イスラム国戦闘員による自爆攻撃で破壊された建物(アレッポ県コバニ2014年12月下旬 玉本撮影)

 

◆ 一面にがれき。

2014年9月、イスラム国はこれまで包囲を続けていたコバニへの進撃を開始、3キロ平方ほどの小さな町に攻め入った。防衛していたクルド組織「人民防衛 隊」(YPG)は強力な火砲の前に後退、コバニの4割近くが制圧された。米軍など有志連合の戦闘機がイスラム国拠点を空爆するなか、地上での激しい攻防が 続く。

12月、防弾チョッキを着て、YPG戦闘員とともに激戦地区を進んだ。空爆と砲撃で建物は崩れ、一面にがれきが広がる。イスラム国の陣地から数百メートルの距離まで近づくと「パーン、パーン」と乾いた銃声が響いた。イスラム国の狙撃手は動くものすべてを撃ってくるという。

弾が当たらないことを祈りながら路地をひたすら走った。YPGの兵員の半数近くが女性だ。前線にも多くの女性戦闘員がいた。20代の戦闘員ゾザンは 学生だったが、内戦になり、町を守るため志願した。壁に開けた直径30センチほどの穴にカラシニコフ銃を差し込み、敵の動きを追う。

クルド人民防衛隊の女性戦闘員ゾザンさんは地元の普通の学生だったが町を守るため銃をとった(アレッポ県コバニ2014年12月下旬 玉本撮影)

クルド人民防衛隊の女性戦闘員ゾザンさんは地元の普通の学生だったが町を守るため銃をとった(アレッポ県コバニ2014年12月下旬 玉本撮影)

 

「イスラム国はあらゆる方角から撃ってくる。チェチェンなどからの外国人の部隊が手ごわい」と話す。

YPGはこの3か月で250人以上の仲間を失った。「この戦いに負けると、人々が帰って来られなくなる。銃を手に取るしかない」。(つづく)

(初出:1月末に共同通信から全国の加盟紙に配信)

<シリア>「イスラム国」に包囲された町をゆく(下) コバニに残る住民、厳しい耐乏生活