ガザ地区、ビーチ難民キャンプに暮らす女性ウンム・モハンマドさん。「ほとんどの若者は失業している」「何人かは自殺しているか、自爆している」と話す。(2018年1月7日撮影・古居みずえ/アジアプレス)


◆ 「仕事がない、電気がない、水もない」将来に絶望し、自殺する若者も。

ガザに着くなり人々から聞いた言葉は「welcome to paradise」だった。皮肉である。それほどひどい状態なのだ。ガザの失業率は42パーセント。難民キャンプに住む、どの人々からも発せられる言葉は「仕事がない、電気がない、水もない」。古居みずえ(アジアプレス)の写真報告6回目。

ビーチ難民キャンプに暮らす、女性ウンム・モハンマドさんは「ほとんどの若者は失業している。通りでただ座っているか、携帯でゲームをしているかだ」「何人かは自殺しているか、自爆している」「仕事はというとプラスティック・ボトル集めて売って1シェケル(32円)を稼いている」と話す。

私がキャンプにいる間に21歳の若者が自殺を図ったが、幸い命は助かった。ウンム・モハンマドさんが言ったことが現実に起きていた。

2007年イスラエルによる封鎖でガザの人々は電気危機に陥り、そのとき人々はロウソクやランプを使っていた。しかしロウソクは倒れ火事になり、子どもが焼死することが続いた。今はLEDライトを使っている。LEDといってもバッテリーによって使える時間が変わる。短いので2~3時間、長くて6時間ぐらいだ。訪れた家には2014年のイスラエルによるガザ攻撃で壊された窓に、寒さ除けのビニールが貼ってあった。(2018年1月7日ガザ地区にて撮影・古居みずえ/アジアプレス)

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう