2月下旬アフリンで戦死したマスードさん。3人の子を持つ父親だった(親戚撮影)

◆「米国や世界はIS掃討作戦で私たちを利用し 終わったら見殺し」

3人の息子を失い、私の魂は3回殺されました。これほど苦しいことはありません。息子はテロリストなんかではありません。世界の脅威、ISと命を懸けて戦い、死んだのです。アメリカや世界はIS掃討作戦で私たちを利用し、終わったら見殺しにした。悲しく、悔しいばかりです。(続きを読む>>>)

四男レザンさんと息子。妻は2人目の子を身ごもっていて、2月末、レザンさんの戦死後に出産。(家族撮影)


【連載のほかの記事を読む】

<<<(1)爆撃と侵攻の恐怖におびえる住民(写真3枚)
<<<(2)医師足らぬ病院(写真5枚)
<<<(3)シリア武装組織がクルド女性戦闘員の遺体踏みつけ(写真6枚+地図)
<<<(4)砲撃にさらされる村落地帯(写真4枚+地図)
<<<(5)アサド派民兵がアフリン入り、地元市民複雑な思い (写真3枚+地図)
<<<(6)「町が制圧されたら きっと殺される」と住民青年(写真3枚)
<<<(7)アサド政権派民兵の故郷では シーア・アラブ村住民に聞く(写真2枚+地図)
<<<(8) 住民死傷者850人超「もし生きていたら また連絡します」と住民(写真4枚+地図)

>>>(10)「息子はISと戦い犠牲になったのに世界は見捨てるのか」(後編)写真5枚+地図