シリア北部コバニで流通するマスクと手袋。日本円で約2500円。(写真:住民提供)

世界で猛威をふるう新型コロナウイルス。シリアでも今月一部地域で感染症例が出たと報じられた。アサド政権地域や北部クルド地域では、今週から住民の外出や移動の制限が始まった。一方、反体制武装諸派が支配する北西部イドリブではこれら措置は取られていないという。内戦で疲弊した医療状況のなか、新型コロナウイルスが広がれば、深刻な事態も懸念される。シリア北部、コバニの住民とイドリブの市民記者に3月24日夜、ネット通信を通じて状況を聞いた。(玉本英子/アジアプレス)

◆シリア北部・クルド地域でも外出制限

シリア北部でクルド主導勢力が統治する地域では、アサド政権地域と同様に新型コロナウイルス対策として、外出や移動が制限されている。北部コバニ在住の公務員の女性(28歳)は、外出制限が始まった町は閑散としているという。

シリア北東カミシュリでの消毒作業の様子を伝える地元クルド系テレビ映像。(3月24日:ロナヒTV)

コバニ住民女性:
「ウイルス対処の啓発キャンペーンが始まり、手洗いが呼びかけられています。市場や学校などでは消毒作業が進められています。市内の小中学校も閉鎖。商店は、食料品店以外営業していません。世界やシリア周辺国でウイルスが脅威を広げているのをテレビで見て、不安です。内戦で食料やガソリンの流通、輸送が停滞しているのに、今回の外出・移動制限措置で物価が上がらないかと心配です。

母や妹たちは家でじっとしてるのはつらいけど我慢と言っています。中学生の弟はスマホでゲームをしたり、ネットがつながればTikTokを見たりして過ごしています」。

シリア北部コバニでは15日間の外出制限。公務の場合は特別カード(写真)があれば外出可。カード左下(赤枠)にはウイルスのイラスト。(コバニ住民女性提供)

シリア各地に避難民キャンプがある。テントが密集し、衛生状態も悪い。医療体制が脆弱なキャンプで発症者が出れば、感染が広がる懸念がある。(アイン・イサ2019年撮影:玉本英子)