6年前、コバニでひざを負傷した際、手当てしてくれたモハメド先生。(撮影:坂本卓)

内戦続くシリア。6年前、取材中に怪我をした際、手当てしてくれた現地医師と昨秋再会。戦火の中の医療現場とは。(玉本英子・アジアプレス

◆医療窮乏、弱者にのしかかる

忘れられない人がいる。シリア人医師、モハメド・アハメド先生(44)だ。

2014年、過激派組織イスラム国(IS)が、シリア北部の小さな町コバニに総攻撃をかけた。町を死守していたのは地元のクルド勢力だ。前線に取り残された住民を取材するため、入念に準備し、私は現地に入った。防弾ベストを着用してクルド戦闘員とともに行動していた。

戦闘続くコバニ~クルド人民防衛隊IS拠点を奪還

クルド組織・人民防衛隊の女性部門YPJの戦闘員。侵攻したISとの前線で女性も銃をとって戦っていた。(2014年・撮影:玉本英子)

痛い!

足に激痛が走った。張り巡らされた鉄条網に両ひざを引っかけたのだ。刃先はカッターのように鋭い。ズボンごとざっくりと肉が裂け、血でぬれた。そのとき応急処置をしてくれたのが、モハメド先生だった。

電気の寸断された町で、懐中電灯の明かりを頼りに、両ひざをそれぞれ十数針縫った。

まずは大丈夫。でも戦場のケガはナメちゃいけない。消毒するから毎日来なさい

先生はそう言ってくれた。

この1年前、私はコバニを取材していた。

当時、近郊では武装各派が衝突し、市内のアマル病院は負傷者であふれかえっていた。

戦争では、最も力のない弱者に犠牲や被害が出る。女性や子ども、高齢者が戦火のなかで過酷な状況に直面し、食料、医療が断ち切られる。アマル病院では、出産設備や医薬品は不足し、新生児の1割は助からないという状況だった。

2014年1月取材したコバニのアマル病院。近郊部からの負傷者で、病院では医薬品が不足。保育器には双子の新生児が入れられていたが、温度調節できず。(2014年1月・撮影:玉本英子)