今から1ヶ月前のことだ。バグダッド市内の路上でGMC(大型バン)に乗っていた白人男性が4人の男に銃をつきつけられ、車で連れ去られる現場を目撃した。わずか30秒ほどの出来事だった。GMCバンの運転手によると、ヨルダンのアンマンから陸路でバグダッドに到着したばかりのアメリカ人の民間人だったという。

私と一緒にいたアジアプレスの坂本が、この誘拐の瞬間を撮影していた。誘拐の瞬間映像は、日本のメディアに配信された。しかし、日本国外での配信はストップすることにした。映像には、犯人の顔が映っていた。これらの映像が衛星テレビなどを通してイラクで放映された場合、犯人がそのアメリカ人に危害を加える可能性が考えられた。

その後、イラク警察が現場に到着、捜査をはじめたということだったが、CPA(連合国暫定当局)からは、アメリカ人の安否について何の発表もなかった。

(写真右:ショーンさんが拉致される瞬間。拳銃をもった男たちが、ショーンさんを乗用車のトランクに押し込み、走り去った。)
「彼は今どうしているのだろうか」眠れない日が続いた。
それから約2週間後。

「誘拐されたあのアメリカ人に会いましたよ」共同通信バグダッド支局の記者から連絡が入った。記者は、取材先で本人に偶然出会ったのだという。

誘拐されたのは、アメリカ人フリージャーナリスト、ショーン・レムジーさん(41)だった。アメリカの地方紙の特派員としてはじめてイラクを訪れ、事件に巻き込まれた。
拉致され、連れて行かれた場所は民家で、覆面をした犯人がショーンさんを前に声明を読み上げてビデオ撮影までしたという。

かつてモスクワに住んでいたことのあるショーンさんは、「自分はロシア人」と、ロシア語のなまりの英語を話しながら犯人に訴えた。すると犯人のなかに、カタコトのロシア語を話す人がいた。パスポートなど身分が分かるものはGMCバンの中に置いてきていたことも幸いした。およそ2時間後に解放され、CPAに一時保護された。
次のページへ ...