アフリンの村落地域では攻撃時、防空壕に隠れる人たちもいます。避難所を持っている人は全体の3割ぐらいではないでしょうか。私たちの場合、オリーブ畑へ走ります。木と木の間に身を隠すしかありません。そしてひたすら祈ります。

トルコ国境近くのいくつかの村は、すでにシリア武装組織に占領されました。村人が連行され、ひどい暴力を受けていると聞きました。今後、このメダンキ村へもやってきて、私たちは殺されるかもしれない。それを考えると恐怖で体が震えます。世界は私たちの状況を知っているのでしょうか。なぜ誰も助けてくれないのでしょうか。

アフリンには空爆や砲撃が加えられている。シリア北西部の勢力図は2月15日時点のもので地元情報などをもとに作成(アジアプレス)

アフリン空爆が開始された際、トルコ軍機は伝単(ビラ)を投下。アラビア語で「アフリンの兄弟たち、トルコ軍は人びとを自由にし、平和にしたい」とある。民間人に多数の死傷者があいついだこともあり、住民は信用していないという(住民提供)

武装組織がトルコ国境沿いの村々を占領する際、村のオリーブオイルを奪っていった。そのためアフリン市内には村落部から逃れてきた住民たちがオリーブオイルの缶も運び込んでいた。(2月4日・アフリン住民スワール氏撮影)

(続きを読む>>>)

【連載のほかの記事を読む】
<<<(1)爆撃と侵攻の恐怖におびえる住民(写真3枚)
<<<(2)医師足らぬ病院(写真5枚)
<<<(3)シリア武装組織がクルド女性戦闘員の遺体踏みつけ(写真6枚+地図)
<<<(5)アサド派民兵がアフリン入り、地元市民複雑な思い (写真3枚+地図)
<<<(6)「町が制圧されたら きっと殺される」と住民青年(写真3枚)
<<<(7)アサド政権派民兵の故郷では シーア・アラブ村住民に聞く(写真2枚+地図)
<<<(8) 住民死傷者850人超「もし生きていたら また連絡します」と住民(写真4枚+地図)
<<<(9) 息子3人が戦死 「遺体なき棺を埋めた」クルド母の涙(前編)写真4枚
>>>(10)「息子はISと戦い犠牲になったのに世界は見捨てるのか」(後編)写真5枚+地図

【合わせて読みたい記事】
<シリア>政府軍によるダマスカス郊外 東ゴータへの攻撃 (3)シェルター生活の子どもたち 電気も水もなく一日一食(写真4枚+地図)
<シリア>政府軍によるダマスカス郊外 東ゴータへの攻撃 激しさ増す(2) 住民脱出できず、子どもや女性は家やシェルターに(写真3枚+地図)
<シリア>政府軍によるダマスカス郊外 東ゴータへの攻撃 激しさ増す(1)反体制派への大規模戦、間近か(写真3枚)