「アフリン北方の村を制圧」と声明を出す自由シリア軍系武装組織ハムザ連隊の戦闘員ら。トルコ軍の支援を受けて、アフリン境界線付近での戦闘を続けている。(ハムザ連隊の公表写真より)

◆国境沿いの村々から避難民がアフリン市内へ

トルコ国境沿いの村のほとんどがすでに武装諸派の手に堕ちました。村々から大勢の住民がアフリンに着の身着のままで逃れてきています。通りや公園で座り込んでいるのをよく見かけます。家のない彼らは学校や、建設途中の建物に身を寄せています。クルド赤新月社や、クルド組織、そして市民が集めた寄付で食料などを支援しています。

ここでは物資が入りにくくなり、食料、日常品などの値段が上がってきています。私の父はドイツにいるので、これまで父の送金でなんとか生きてこられましたが、これから難しくなると思います。

その場合、給料がもらえる地元のクルド組織の戦闘員になるしかないです。もしアフリンにイスラム武装組織の戦闘員が侵攻すれば、私のような若い男性は容赦なく殺されてしまうことでしょう。

例えば私が運よく安全なアレッポ市に逃れられたとしましょう。でも私のような若者は、今度はシリア政府軍に動員され、兵士として別の場所でクルド人組織と対峙させられるかもしれない。私には幼い息子がいるので、子どもを養うためにも生きなくてはなりません。でも逃げ場はないのです。

東ゴータの住民が殺されている現状はとても悲しい。ただ、東ゴータやイドリブにいる武装組織がもし力をつけるようなことがあれば、今度は彼らが私たちを殺しに来るかもしれない。本当に苦しいです。(続きを読む>>>)

アフリン市内。戦闘で食料などが入りにくくなり、値上がりしているという。(2月24日・地元住民・スワール氏撮影)

【連載のほかの記事を読む】
<<<(1)爆撃と侵攻の恐怖におびえる住民(写真3枚)
<<<(2)医師足らぬ病院(写真5枚)
<<<(3)シリア武装組織がクルド女性戦闘員の遺体踏みつけ(写真6枚+地図)
<<<(4)砲撃にさらされる村落地帯(写真4枚+地図)
<<<(5)アサド派民兵がアフリン入り、地元市民複雑な思い (写真3枚+地図)
>>>(7)アサド政権派民兵の故郷では シーア・アラブ村住民に聞く(写真2枚+地図)
>>>(8) 住民死傷者850人超「もし生きていたら また連絡します」と住民(写真4枚+地図)
>>>(9) 息子3人が戦死 「遺体なき棺を埋めた」クルド母の涙(前編)写真4枚
>>>(10)「息子はISと戦い犠牲になったのに世界は見捨てるのか」クルド母の涙 クルド母の涙(後編)写真5枚+地図

【合わせて読みたい記事】
<シリア>政府軍によるダマスカス郊外 東ゴータへの攻撃 (3)シェルター生活の子どもたち 電気も水もなく一日一食(写真4枚+地図)
<シリア>政府軍によるダマスカス郊外 東ゴータへの攻撃 激しさ増す(2) 住民脱出できず、子どもや女性は家やシェルターに(写真3枚+地図)
<シリア>政府軍によるダマスカス郊外 東ゴータへの攻撃 激しさ増す(1)反体制派への大規模戦、間近か(写真3枚)