次のワールドカップは2022年、カタールで開催される。シリアやイラクの子どもたちが、世界とともにサッカーを心から楽しんで観戦できる日がくることを願うばかりだ。

2016年、バグダッド南部のアマチュア・サッカー試合で自爆したISの少年戦闘員。30人が犠牲となった。ISは声明で「シーア民兵を狙った」などとした。(2016年3月・IS写真)

イラク・タラファルでは、2015年にIS行政部門が小規模のサッカー場を新設した様子を伝えている。(2015年・IS写真)

イラク北部クルド自治区でサッカーをする小学生。FCバルセロナのメッシ選手が好き、という声が圧倒的だった。(2016年:撮影:玉本英子)